最新のイベント情報

過去のイベントレポート

医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

HMSブログ

講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

HMSブログ

保健・医療・福祉サービス研究会 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8 TEL 03-5216-4531 FAX 03-3511-7610

セミナー案内

一覧へ戻る

【医療・介護経営】【管理職育成】【人事・労務】

301018-2

法人経営の将来を担うエリート養成講座 2日間6回コース(計12日間)

我が国の人口減少や超少子高齢化の進展は、巨大津波のように日本社会を襲い、経済、財政、社会保障と全産業の事業経営に多大な影響を与え、旧来の経営手法や仕組みをスラップ&ビルドすることになる!

医療介護分野でゴーイングコンサーン(継続企業の前提)を目標にしたコンサルティングを全国で展開し、話題を集めている本間秀司氏が、指導先法人限定で行っている経営企画室スタッフ、次世代の経営幹部候補のエリート教育講座を公開!!

次世代の2035年ビジョンに対応し法人経営の中核を担うエリート養成講座

〜医療法人・社会福祉法人・民間介護法人の全てが経営を科学する時代、やれば何とかなった時代は終焉する

激変する時代の法人経営には次世代の人材育成こそ勝ち残りの鍵となる、大切な人材に投資を〜

参加のお誘い

2014年診療報酬改定に始まり、医療介護一体改革推進法の施行、さらに2015年介護報酬改定、2016年診療報酬改定は、国から国民や医療福祉経営者に対し、医療と介護の供給体制を根本から変える具体的なメッセージでした。医療機関は介護事業を取り込むことが求められ、介護事業者は医療との連携とドミナント地域の介護事業の縦掘りが求められています。これから医療も介護も単一事業の横展開はではなく、医療、介護、生活支援の多様なサービスを提供することで面として押さえ、さらには医療、介護、生活サービスを重層的に組み合わせ、予防から看取りまでのサービスを提供しなければなりません。そのためには、従来のような一人のカリスマによる判断ではなく、強い法人を企画し実現していくための経営企画室が必要です。本部や経営企画室は理事長、院長、施設長の直轄チームとし、これから20年、法人を支えてくれる若い世代を選抜します。若い柔軟な発想と学習能力のある職員には法人経営に必要な実務のすべて、使命感、国の政策、制度、行政対応、ドミナント設定、マーケティング・マッピング、組織、営業、財務・会計、事業収支、サービスの質、ブランディング、マネジメントルール、コンプライアンス、定義論拠、人材獲得、人材育成、労務管理、ハラスメント、リスクマネジメント、人事考課・キャリアパス・研修制度、PCスキルに至るまで研修を通して、実務の習得、心構えと覚悟を醸成します。当講座では、経営企画室メンバーの発掘方法から始まり、事業計画策定までを全12回の講座を通して学んでいただきます。新時代に対応するための法人改革の中核に、二代目経営者の強力なブレーンに、経営層育成のために、多くの法人のみなさなの参加をお待ちしております。  本間秀司

開催情報

開催日 2018年
10月18日(木)
13:30〜17:30
 ▼
2019年
3月22日(金)
10:00〜17:00
会 場 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム)
東京都 中央区 銀座 7-2-22 
TEL:03(6228)5995
会場地図はこちら
参加料 HMS会員   270,000円(法人・個人会員)
   〃     285,000円(会報誌購読会員)
一   般   300,000円
(資料・飲食代 含む)

【定 員】 先着20名様
【参加対象者】
 経営企画室スタッフ、将来の経営幹部候補スタッフ、次世代の経営トップ
 *同業者のご参加はご遠慮願います
講 師 保健・医療・福祉サービス研究会 医療介護事業経営指導講師
ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 本間 秀司 氏

ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 専務取締役 鈴木 真一 氏

ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 
福祉介護医療経営戦略コンサルタント 杉山 俊裕 氏

HMS会員にご登録いただくとセミナー参加料が5潤オ10%割引になります。

  • HMS会員にご登録いただくとセミナー参加料が5潤オ10%割引になります。

【講義の特色】

 ● 法人経営とは何かを理解することができる。 
 ● 参加者の物の見方考え方が正しく変わっていく。
 ● 経営に必要な実務スキルを身につけることができる。 
 ● 講座の次の日から学んだ知識を使うことができる。
 ● 徹底したグループ討議による伝える力を身につける。 
 ● 自法人の事業計画を作成して帰ることができる。
 ● 参加者はPC(ネット環境含む)と電卓を持参して、実際に作業を行う。
 ● 自法人の人事制度、経営席者会議などの実務を改善することができる。
 ● 事業高の増加や収支改善につながる。
【第1回目】

10月18日(木)
13:30〜17:30
↓
10月19日(金)
10:00〜17:00
10月18日(木)
機ァ嵋槁堯経営企画室とは何か、その使命を自覚する」

  
  ●本部、経営企画室の役割り
  ●経営企画室の設計から実務まで
   〜 グループ討議・発表 〜

<講義内容>
第1回目では、本部ならびに経営企画室とは何か。なぜ経営企画室が必要か。その役割は?経営企画室が果たすべき使命を理解して、参加者の法人ごとにどんな役割の経営企画室が必要なのかを設計します。経営企画室は、法人の状況によって設計内容が異なり、経営者の考え方で設計思想が変わります。経営企画室は経営最高責任者の直轄チームとして、組織され、経営者のさまざまな経営上の重要な決定までのプロセスに関わる仕事をする部署として活動します。その設計かた実務までを学びます。



10月19日(金)
供ァ峭颪寮策の方向性と自法人のあり方を検討する。」


  ●国の政策の方向性を理解する。
  ●2025年モデル、ポスト2025年モデルと自法人のあり方を理解する。
   〜 グループ討議・発表 〜

<講義内容>
第2回目では、法人経営に多大な影響を与える日本の今とその将来の姿を理解するところから始まり、医療・介護の政策の方向性を確認し、制度がどのように変わっていくかを予測します。具体的には、2025年モデルの意図を理解し、参加法人の現在との差異を確認します。また、ポスト2025年モデルを確認し、2025年モデルと合わせて、自法人のあり方を問います。
【第2回目】

11月15日(木)
13:30〜17:30
↓
11月16日(金)
10:00〜17:00
11月15日(木)
機ァ屮沺璽吋謄ング・マッピングの基礎を理解する。」


  ●マーケティング・マッピングの実務を取得する。
   〜 グループ討議・発表 〜

<講義内容>
第3回目では、マーケティング・マッピングの基礎を理解します。そして、自法人のドミナントを設定して、持参したPCからインターネットを使って情報を取り出す教育訓練を講師及びスタッフとともに行います。



11月16日(金)
供ァ崋法人のドミナントをマーケティング・マッピングする。」

  
  ●マーケティング・マッピング分析。
  ●自法人のポジションニングを企画する。
   〜 グループ討議・発表 〜

<講義内容>
第4回目では、自法人のドミナントを設定していただき、現在の需要、将来に需要、連携先の特定、競合の有無などを可視化します。第2回目で学習した国の政策を加味し、自法人のポジショニングを企画します。参加者によるポジショニングについてグループ討議や発表を通して理解を深め実務へとつなげてゆきます。自法人は何で戦うか、強みと弱みをSWOT分析等を行って可視化します。
【第3回目】

12月20日(木)
13:30〜17:30
↓
12月21日(金)
10:00〜17:00
12月20日(木)
機ァ嶌睫魁Σ餬廖管理会計の基礎を学ぶ。」


  ●財務・会計のストラクチャーを理解する。
  ●管理会計を理解する。 ●取り漏れ、取りこぼし、無駄遣いの理解。
   〜 グループ討議・発表 〜

<講義内容>
第5回では、財務三表の基礎、会計の基礎を学びます。また、管理会計のストラクチャーを学ぶことから、法人内部での活用法を学びます。管理会計は法人の部門ごとの収支を可視化するとともに、予算管理の重要なツールであることを理解します。加えて、取り漏れ、取りこぼし、無駄遣いを理解して、収支改善について学びます。



12月21日(金)
供ァ崋法人の財務・会計分析と改善案策定、自法人の管理会計を企画する。」


  ●自法人の財務分析を行う。
  ●自法人の取り漏れ、取りこぼし、無駄遣いを試算して収支改善を行う。
  ●自法人の管理会計を企画する。 
   〜 グループ討議・発表 〜

<講義内容>
第6回では、自法人の財務三表を使って自法人の評価を行い、財務戦略を考える。また、自法人の会計処理の科目明細を使って、各科目の数字の適正性と改善策を探ります。さらに、自法人の管理会計を作成して、予算管理、目標設定、進捗管理の手法を習得する。加えて、取り漏れ、取りこぼし、無駄遣いを理解して、収支改善についてのアクションプランを作成します。
【第4回目】

1月24日(木)
13:30〜17:30
↓
1月25日(金)
10:00〜17:00
1月24日(木)
機ァ屮屮薀鵐妊ングと営業強化の基礎を学ぶ。」


  ●ブランディグ戦略を手法の理解。 
  ●営業強化を手法の理解。
  ●行政との対応方法の理解。 
  ●法人内の横断的協力関係、絶対チームの理解。
   〜 グループ討議・発表 〜

<講義内容>
第7回では、今後の法人経営では不可欠なブランディングと営業について理解します。ホームページの使い方や広報営業活動の実務を学び、患者と利用者、その家族へのアプローチの仕方を考えます。行政、居宅、地域連携の取り方を理解して、広報営業のベストプラクティスを学びます。



1月25日(金)
供ァ崋法人のブランディング戦略と営業強化案を策定する。」


  ●自法人のブランディング戦略を立案する。
  ●自法人の営業強化策を策定する。
   〜 グループ討議・発表 〜

<講義内容>
第8回では、自法人のブランディング戦略を策定し、ホームページのあり方、広報営業の戦略を策定し、アクションプランを作成します。営業からのフィードバックからサービスの見直しやサービスの質の向上を図るC、PDCAサイクルの構築を戦略します。
【第5回目】

2月21日(木)
13:30〜17:30
↓
2月22日(金)
10:00〜17:00
2月21日(木)
機ァ嵜融考課・キャリアパス・研修制度の基礎を理解する。」


  ●人事考課・キャリアパス・研修制度のストラクチャーを理解する。
  ●自法人の人事考課制度・キャリアパス・研修制度を評価する。 
  ●労務管理、ハラスメント対策。 
  ●マネジメントルール構築の理解。
  ●人事考課・キャリアパス・研修制度を使って、法人のサービスの質を向上させる手法の理解。
   〜 グループ討議・発表 〜

<講義内容>
第9回では、人事考課・キャリアパス・研修制度のストラクチャーを学び、職員の能力向上を図るとともに職員満足を高める仕組みを理解します。結果として法人への帰属意識と向上心を持った職員を増やすメカニズムを考えます。


2月22日(金)
供ァ崋法人の人事考課・キャリアパス・研修制度を設計する。」


  ●人事考課・キャリアパス・研修制度のストラクチャーを理解する。
  ●自法人の人事考課制度・キャリアパス・研修制度を評価する。
  ●自法人の職員採用戦略を策定する。 
   〜 グループ討議・発表 〜

<講義内容>
第10回では、第9回を踏まえ、自法人の人事考課・キャリアパス・研修制度を改善または再構築するため、業務標準(マニュアル)、働き方の指針、評価表などの作成方法を学びます。また、働き方の指針からキャリアパスの作成方法を学び、研修制度までシームレスでつなげる方法を理解します。構築した人
事考課・キャリアパス・研修制度を使い、労務管理、ハラスメント、マネジメントルール、職員採用まで、「使えるツール」として構築できる手法を取得します。
【第6回目】
3月21日(木)
13:30〜17:30
↓
3月22日(金)
10:00〜17:00
3月21日(木)
機ァ峪業計画の基礎を学ぶ。」


  ●事業計画書のストラクチャーを理解する。
  ●法人の将来を確かなものするための、3年・5年・10年計画策定とその意味を理解する。
   〜 グループ討議・発表 〜

<講義内容>
第11回では、事業計画書のストラクチャーを学ぶことにより、経営へのアプローチとしての特徴を確認します。事業計画には、国の政策、制度、行政対応、ドミナント設定、マーケティング・マッピング、組織、営業、財務・会計、事業収支、サービスの質、ブランディング、マネジメントルール、コンプライアンス、定義論拠、人材獲得、人材育成、労務管理、ハラスメント、リスクマネジメント、人事考課・キャリアパス・研修制度の内容は盛りこまれ、事業経営の指針となることを理解します。



3月22日(金)
供ァ崋法人の事業計画を策定する。」


  ●自法人の事業計画を策定する。
  ●事業計画を実現させるためのアクションプランを策定する。
    〜 グループ討議・発表 〜

<講義内容>
第12回では、自法人の事業計画が策定します。講座の第1回から第10回までの要素のすべてが包含され、法人のゴーングコンサーンが担保されるものでなければなりません。この講座での学んだことの理解度が試されることになります。作成された事業計画には、ゴーイングコンサーンが担保されなければな
らず、そのためにはアクションプランの内容が重要になります。アクションプラン一つひとつを講師と確認しながら、この講座への参加の意味を考えるとともに法人経営への理解を深めます。

プログラムのプリントアウトはこちらから

講師紹介

保健・医療・福祉サービス研究会 医療介護事業経営指導講師
ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長
本間 秀司

<プロフィール>

USコンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネジャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。現在はウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。
社会福祉法人、医療法人、民間介護事業者に対する、経営企画室(本部機能)立上げ支援、経営者育成支援(エリート教育)、事業計画策定支援、収支改善、人事考課制度・キャリアパス構築支援、階層別職員研修、新規事業開発支援、のコンサルティング業務を通して、医療・介護の2025年モデル対応から個別事業の収支改善や人材育成、事業者間の統合・合併まで支援を行い、現在全国で約20法人でコンサルティング実務を実施中。


<社会福祉関係の主な研修講師実績>
青森県老施協、秋田県経営協、宮城県経営協、群馬県老施協、静岡県東部経営協、山梨県社協、愛知県経営協、三重県老施協、和歌県老施協、徳島県経営協、鳥取県社協、山口県経営協、鹿児島県経営協、沖縄県社協。
その他社会福祉法人、医療法人、民間団体にて法人施設研修やセミナー講演多数

ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 専務取締役
(福祉・介護・医療経営戦略コンサルタント)
鈴木 真一

<プロフィール>
外資系コンサルティング会社、大手税理士法人マーケティング部長を経て、現職。
社会福祉法人や公益法人などの非営利組織や一般企業、各種団体に対し業務改善策や不動産活用を伴う新規事業化、情報セキュリティや事業継続などのリスクマネジメントの提案・提言を数多く行い、全国各地での講演や支援プロジェクトに関わる。セミナー及び研修講師のほか、経営企画室機能強化コンサルティング、経営企画室新規立ち上げ支援、収支改善、人事考課制度・キャリアパス構築支援、階層別職員研修、新規事業開発支援のコンサルティング業務に従事している。

<社会福祉関係の主な研修講師実績>
福島県社協、一般財団法人総合福祉研究会、大手建設会社、
その他社会福祉法人、医療法人、民間団体にて法人施設研修(日本再生人材育成支援事業対象研修等)やセミナー講演多数

ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社
福祉介護医療経営戦略コンサルタント
杉山 俊裕

<プロフィール>

外資系コンサルティング会社、大手税理士法人を経て現職。
主に社会福祉法人、公益法人等の非営利法人に対して、現状分析・収支改善・人事制度・人材育成・事業計画・M&A・制度改革対応等の提案・提言を多数行い、講演や支援プロジェクトに関わる。
公益法人制度改革施行時には、医師会・薬剤師会・法人会等の50を超える各種団体に対して、制度対応支援を実施。

現在、主に西日本にてセミナー及び研修講師、法人のサステナビリティに係る社会福祉法人制度改革対応等の各種コンサルティング実務に従事。

お知らせ

<参加にあたってのお願い>

本講座は、12回すべての受講を原則とさせて頂きます。ただし、事情により欠席される回のCD受講は承ります。

お申し込みはこちらから

IDをお持ちの方 一般の方
(会員ログインページへ) (お申し込みフォームへ)

一覧へ戻る

セミナーを検索したい方はこちら

カテゴリーで検索 地域で検索 講師で検索

▲ページのトップに戻る

HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム) TEL 03-6228-5995 FAX 03-6228-5996

フォームからのお問い合わせ