最新のイベント情報

過去のイベントレポート

医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

会員情報の確認

講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

保健・医療・福祉サービス研究会 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8 TEL 03-5216-4531 FAX 03-3511-7610

セミナー案内

一覧へ戻る

【医療・介護経営】【リハビリテーション】【老健施設】

040930-2

老健施設の在宅復帰・在宅療養支援と業績を築く経営戦略セミナー
【会場&オンライン&オンデマンド&DVD&CD(選択可)】

2024年制度・報酬改革は、自己負担引き上げ、多床室やケアプラン有料化をはじめ、通所リハビリの月額報酬(包括化)、施設類型の要件見直し等、老健施設にとって大きな改革の年になる!!
努力すれば必ず取得できるスーパー老健(超強化型)!! 
老健施設のステップアップ(基本型⇒加算型⇒強化型⇒超強化型)指導に奔走する田中優至が解説!!

地域包括ケアの拠点施設の役割を担う老健施設としての「誇り」と「老健マネジメント」ノウハウを徹底指導!!

   老健施設の効果的な在宅復帰・在宅療養支援と

入所・通所リハの高稼働運営を築く新経営戦略   

〜スーパー老健(超強化型)でも超高稼働があたり前になる老健施設の運営ノウハウを徹底指導

利用者が集まる通所リハビリテーションの総点検を行い自立支援促進とブランディングを分かり易く指導〜

参加のお誘い

 2021年介護報酬改定では、感染症・災害のBCP(事業継続計画) 策定、介護分野がデータヘルス改革に対応するために、2017年から国(未来投資会議)が掲げていた科学的介護の実現のLIFE(CHASE・VISIT)の本格運用が始まりました。その影響はいかがでしょうか。改定率は、0.7%で内0.05%は、コロナ対応となるので実質0.65%、単純平均で5億売り上げの老健施設では年325万円、6億売り上げで390万円、7億売り上げで455万円の増収となりますが、施設個々の機能や取り組みで大きく変わるのが報酬改定です。従って、少ないところは単純平均を下回り、多いところは1000万円を超える増収となります。しかし老健施設の経営においては、やはり稼働が1番収益を左右し、超強化型1床で月43〜50万円(年500万円以上となり、もし10床空きがあれば年間▲6000万円以上)を左右します。また、施設類型においても強化型、超強化型は、それぞれ1500万〜1700万弱増収となります。このことからも通所リハビリであれば、1日10名増えれば年約3000万円増収となります。稼働や施設類型がいかに老健施設の健全経営に貢献するかが理解できます。
 そこで本セミナーでは、全国の老健施設の経営指導に奔走する田中優至が老健施設の本来機能である在宅復帰・在宅療養支援の効果的な進め方や入・通所の超高稼働運営の実践ノウハウについて、事例をもとに指導いたします。どうぞ、スーパー老健の取得や高稼働の老健施設運営をお考えの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

開催情報

開催日 2022年
9月30日(金)
13:30〜17:30
会 場 コリドースクエア銀座7丁目2F(HMSセミナールーム)&オンライン(生中継・ZOOMウェビナー)&オンデマンド(再配信)&DVD&CD
東京都 中央区 銀座 7-2-22 
TEL:03(6228)5995
会場地図はこちら

セミナー受講方法の詳細や、ご受講の流れにつきましては、
セミナー受講方法のご案内を事前にご確認ください。
参加料 HMS会員   23,760円(法人・個人会員)
   〃     25,080円(会報誌購読会員)
一   般   26,400円
DVD追加    11,000円(税込)
CD追加    6,600円(税込)
【送料のご案内】
「DVD受講」「CD受講」の場合は1,210円(税込)、「DVD追加」「CD追加」の場合は880円(税込)を別途ご負担いただきます。あらかじめご了承ください。

【複数セミナーをお申込みの場合】
合計金額を合算でお振込みいただけます。その際のご連絡は不要です。
講 師 保健・医療・福祉サービス研究会 代表
田中 優至

HMS会員にご登録いただくとセミナー参加料が5潤オ10%割引になります。

  • HMS会員にご登録いただくとセミナー参加料が5潤オ10%割引になります。

機ハ祁鮖楡澆鮗茲蟯く情勢と老健施設の今後の経営
  ● 2023年6月成立が見込まれる介護保険制度改正の最新情勢とその影響
  ● 地域包括ケアの仕上げとなる2024年診療・介護報酬同時改定の展望と老健施設経営戦略
  ● 国難(マンパワーと財源不足)といわれる2040年問題に向けたビジョンと戦略

供2024年同時改定の準備をチャンスにする老健施設の経営戦略
  ● 自施設の総点検でブランディング(魅力づくり)を進め新たな経営戦略を策定
  ● LIFE(CHASE・VISIT)のフィードバックデータ活用と科学的介護の実現
  ● DX推進(ICT・AI ・ロボット・センサー他の活用)で働き方改革(生産性向上)

掘ゥ后璽僉赦祁髻閉橋化型)取得に向けた在宅復帰・在宅療養支援の実際
  ● 老健施設の運営方針の明確化とスーパー老健(超強化型)取得の実際
  ● 老健施設運営の「要」となる相談室の機能強化と支援相談員育成
  ● 在宅復帰・在宅療養支援評価指標を重視した老健施設運営と機能強化策
  ● 在宅復帰・在宅療養生活の可能性調査(入所利用者区分)と在宅復帰支援のアプロ―チ
  ● 在宅復帰・在宅療養支援の効果的な進め方と入所部門のブランディング

検ツ冥螢螢魯咼螢董璽轡腑鵑凌径寮づくりとブランディング
  ● 通所リハビリテーションの総点検と新体制づくり
  ● 「サービス別総点検業務改善シート」を用いた通所リハビリの抜本改革の取り組み
  ● 家族機能を生かした活動と参加を促進する自立支援の取り組みの実際
  ● 通所リハビリ、訪問リハビリ併用の促進と取り組みの実際

后ザ床を出さない高稼働の老健施設運営と支援相談員のベッドコントロール
  ● 全国の老健施設が抱える空床問題の現状とその打開策
  ● 大切な社会資源(ベッド)を無駄にしない支援相談員・管理職の意識改革
  ● 超強化型でも空床を出さないベッドコントロールの3つのキーワード
  ● 成果を築く広報活動と地域連携の進め方とその実際

此ハ祁鮖楡澆侶弍勅支と事業計画の進め方
  ● 事業再生産への原資から求める事業計画書策定の進め方
  ● 現場の経営力向上が老健施設の健全経営と成長発展の決め手
  ● 介護人材不足を克服する老健施設の効果的な人事戦略
対 象 理事長・施設長・事務長・看護介護部長・支援相談員・その他

プログラムのプリントアウトはこちらから

講師紹介

保健・医療・福祉サービス研究会 代表
田中 優至

【経 歴】

1967 年、義父の病院長急死に伴い閉鎖となった病院の再建に尽力。
1984 年 “在宅重視” の考え方から地域看護科、地域医療部を設置、早くから在宅支援活動を地域で展開。

1991 年 老健施設を開設、老健施設の理念と本来機能を遂行するため、施設長として徹底した在宅復帰支援に取り組むと同時に「老健施設の効果的な在宅復帰支援の実際」をセミナー講師として全国各地で啓蒙。

1999 年には、在宅支援強化のため在宅総合ケアセンター(訪問看護・訪問介護、居宅介護支援事業所)を開設。いち早く、24 時間定期巡回・随時サービスに取り組み在宅支援で大きな成果を築く。制度創設前の 1996 年に認知症グループホーム開設、高品質の認知症ケアに取り組むと同時に、認知症の正しい理解の普及のため職員 12 名で劇団を結成し地域住民の認知症介護の啓蒙のための公演を多数行った。

2000 年の介護保険制度創設と同時に、訪問看護・訪問介護協働型のサテライトステーション複数開設。2001 年には、医療型高齢者住宅(現在の看多機)を開設。高齢者の住まいでの在宅ホスピスケアを確立。介護事業運営には、常に、生活者の視点に立って、病気や障害があっても家族と共に暮らし続け、本人が希望すれば家族に看取られながら旅立が出来る地域づくりを実践展開した。

2009 年医療介護現場を離れ、保健・医療・福祉サービス研究会代表に就任。以降、経営コンサルティングや職員教育に従事。特に老健施設の経営改善、演習を交えた「理念と誠実なケア」をテーマとした研修には定評がある。

この間、「これからの保健・医療・福祉を実践する会」を発足し、保健・医療・福祉のシームレスな連携の必要性について啓蒙活動を行うと共に、常に、住民本位(生活者)の視点に立って、「病気や障害があっても我が家で家族と共に暮らし続け、本人が希望すれば家族に看取られながら旅立が出来る地域づくり」に尽力。現在「未曾有の少子高齢社会の社会保障政策に目を向けながら、地域共生社会の実現と地域包括ケアシステムのあり方を研究すると同時に、講演活動、経営指導、執筆活動を行う。モットーは、在宅重視、常に生活者の視点の発想。

お知らせ

※セミナー参加のキャンセルにつきまして
セミナーお申込み後のキャンセル受付につきましては、
セミナー開催日の8日前迄とさせていただきます。

セミナー開催日の7日前以降のキャンセルやセミナーの当日欠席につきましては、
オンデマンド受講・DVD受講・CD受講への切り替えとなります。
キャンセルされる場合は、くれぐれも開催日の8日前迄に手続きをお願い致します。

参加人数が催行に満たない場合はセミナー開催が中止となることがあります。
その場合はセミナー開催日の10日前迄にご連絡させていただきます。
(パック旅券等の保証は致しかねます。予めご了承ください。)

お申し込みはこちらから

IDをお持ちの方 一般の方
(会員ログインページへ) (お申し込みフォームへ)

一覧へ戻る

セミナーを検索したい方はこちら

カテゴリーで検索 地域で検索 講師で検索

▲ページのトップに戻る

HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム) TEL 03-6228-5995 FAX 03-6228-5996

フォームからのお問い合わせ