最新のイベント情報

過去のイベントレポート

医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

HMSブログ

講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

HMSブログ

保健・医療・福祉サービス研究会 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8 TEL 03-5216-4531 FAX 03-3511-7610

イベント情報

現在3件の情報があります。

5月9日(火) 小規模多機能の完全理解と開設運営ノウハウ習得講座(3カ月 6回コース)

これからの地域包括ケアシステムの中核を担うとされる小規模多機能型居宅介護。2006(平成18)年に創設され、すでに10年が経過しておりますが、2015年介護報酬改定に伴い、加算の新設や登録定員増となったことで増収・増益に転じた事業所も多く、これまでの運営が難しいとされるイメージがだいぶ払拭され、今後の開設を検討したいという事業所が増えております。また、本年5月には「地域包括ケア推進研究会準備委員会」から、2018年4月施行を目指した「新型多機能サービス」の構想が示され、まだ提言の段階とは言え、これからの地域包括ケアの在り方、あるいは、小規模多機能の重要性を一層高める内容として高い関心が寄せられています。本講座では、今後益々期待される、小規模多機能型居宅介護の開設に向けた準備、すなわち、各市町村で行われる公募の仕組みから立地やハード面での工夫、指定申請の方法、補助金の概要、開設前の準備、内覧会の開催方法、制度の趣旨と詳細の理解、そして、他の居宅サービス等とは様々な面で異なる収支構造や営業方法、単月黒字の達成、通い・泊まり・訪問の業務の管理、ケアマネジメント、職員育成方法など、モデル書式の提案や様々な演習を通じて、新規開設から運営までの流れを習得し、実践的で具体的な考え方とノウハウを6回コース(1泊2日延べ6日間)にてじっくりとご指導いたします。本講座を受講しながら、おおよその準備が完成出来るように解り易く指導してまいりますので、これから小規模多機能の開設を控えていらっしゃる開設準備室ご担当や、既に小規模多機能を開設し運営していても収支やサービス内容、職員育成で課題をお持ちの経営幹部の皆様のご参加をお待ちしております。  榊原宏昌

5月11日(木) 法人体制強化と利益最大化を実現する経営管理会計導入実務者養成講座

国は経済財政諮問会議による骨太の方針2015において、2025年を見据えて改革を行っています。2015年〜2018年の3年間を「集中改革期」と位置付けて、医療保険と介護保険の支出削減策が次々と打ち出されています。もはや、2016年の診療報酬改定と2018年の同時改定に期待することはできず、医療機関の介護事業者もダウンサイジング時代の中で経営しなければなりません。WJUでは、このような経営環境の中で法人経営を安定させ勝ち残ってゆくためには経営ツールとして、医療機関と介護事業者のみなさまに管理会計の導入を勧めています。法人が毎年作成している財務諸表は会計基準に合わせて作成され、外に向けて法人の過去の経営実績を発信するものです。法人の過去の実績は重要ではありますが、法人は現在に生き、未来に向けて活動しています。よりよい法人の将来を想像するためには財務会計面からアプローチするのが管理会計です。管理会計は自由設計であり、現場を数字面から可視化し利益体質に導くことが可能です。管理会計を上手に使えば、本当に利益を叩き出している事業や隠れ赤字事業を可視化することが可能になります。また、中期計画の戦略事業(法人が力を入れてゆかなければならない事業)と現在は利益が出ていても将来が厳しくなる事業を数字で理解することが可能になります。今回、未来のための会計と言われる管理会計の概念、経営へのアプローチ方法、導入方法。管理会計を使った短期、中期、長期計画へのアプローチ。また、人事考課への連動を分かり易く学習できます。そして、参加者の法人の情報を基に簡単なシミュレーションも行います。参加については厚労省のキャリア助成金の活用もできます。多くの方の参加をお待ちしています。

「地域包括ケアと介護報酬改定」特別講演会

我が国では、2025年の超高齢社会に対応するために「社会保障と税の一体改革」における2025年改革シナリオに沿って、地域医療ビジョン策定、地域包括ケアシステム構築、新たな時代に対応した福祉提供ビジョンなどの改革が進められております。そして、とりわけ高齢化の進展による地域包括ケアシステム構築は、待ったなしとなり、25年改革のターニングポイントとなる2018年医療介護の制度・報酬改革を機に大きく深化・推進することが予定されております。そこで、本特別講演会では、地域包括ケア研究会座長で慶應義塾大学名誉教授の田中滋先生と厚生労働省老健局 老人保健課 介護保険データ分析室 室長 西嶋康浩先生をお招きし、急がれる2025年の地域包括ケアシステム構築のあるべき進め方や2018年医療介護の制度・報酬改革を展望していただき、その方向性や、今後事業経営に向けての示唆に富んだご講演をいただきます。2040年に向けた中・長期ビジョン策定や2018年医療介護の制度・報酬改革に向けた経営戦略策定には、またとない機会です。どうぞ、大変革を見据え“先手必勝”の事業経営を考えられる経営トップや経営幹部の皆様方多数のご参加をお待ち申し上げます。

. 特別講演 「地域包括ケアの深化・推進と諸主体が果たす役割」

〜「2016年度版地域包括ケア研究会報告書」の提言内容の理解と
     医療・介護一体改革を促進する18年同時改定の位置づけ〜

地域包括ケア研究会座長・医療介護総合確保促進会議座長
社会保障審議会介護給付費分科会会長・福祉部会部会長
慶應義塾大学 名誉教授
田 中   滋 氏

. 講演 「2025年の超高齢社会に向け急がれる       地域包括ケアシステム構築と2018年介護報酬改定」

〜医療介護のシームレスな連携強化の好機となる
         2018年介護報酬改定の方向性とその課題〜

厚生労働省老健局 老人保健課 介護保険データ分析室 室長
西 嶋 康 浩 氏

掘チ澗瞭は澄α澗亮禅

座長 医療法人和香会・博愛会 理事長 江 澤 和 彦 氏

地域包括ケア研究会座長・医療介護総合確保促進会議座長
社会保障審議会介護給付費分科会会長・福祉部会部会長
慶應義塾大学 名誉教授
田 中   滋 氏

厚生労働省老健局 老人保健課 介護保険データ分析室 室長
西 嶋 康 浩 氏

過去のシンポジウム開催レポート

▲ページのトップに戻る

セミナーを検索したい方はこちら

カテゴリーで検索 地域で検索 講師で検索

HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム) TEL 03-6228-5995 FAX 03-6228-5996

フォームからのお問い合わせ