最新のイベント情報

    過去のイベントレポート

    医療福祉経営情報誌

    ★★「Visionと戦略」最新号の紹介
    ★★「Visionと戦略」最新号の紹介

    →拡大・目次(PDF)

    最新号購入バックナンバー

    HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

    会員情報の確認 HMSブログ

    講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

    広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

    HMSブログ

    保健・医療・福祉サービス研究会 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8 TEL 03-5216-4531 FAX 03-3511-7610

    【Visionと戦略】ピックアップ記事

    私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
    深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

    セミナーダイジェスト

    2018年10月3日(水) 日台医療介護事業者交流と外国人介護人材台湾視察

    2018年10月3日(水) 日台医療介護事業者交流と外国人介護人材台湾視察

     日本人が旅行しやすい海外の一つである台湾は人口2358万人、総面積35980平方キロメートルと九州よりやや小さい。台湾の魅力といえば台北最古のお寺「龍山寺」、日本統治時代に建てられた建造物、故宮博物館、中正紀念堂など豊富な観光名所に加え小籠包、マンゴーなど、今や世界のグルメ王国としても名高い。
     台湾は日本に続き早くから飛躍的に経済成長を遂げた国であるが、近年では成長率鈍化が顕著となっている。また少子化の進行が早く、特殊出生率は世界で最も低い数字(1.0人)だ。この影響も相まって2018年の高齢化率は14%、2025年には21%に達し、世界最速で超高齢社会に突入すると言われている。こうした人口減少や少子化ゆえに労働力不足に悩まされる台湾では、1991年以降、外国人労働者の受け入れを解禁。現在約70万人の外国人労働者を受け入れ、その内、介護分野では25万人が台湾の高齢者介護を支えている。
     本視察は、台湾における外国人介護労働者の就業の実際や、先進医療への取り組みを体感すべく3日間のスケジュールで行った。

    詳しく見る

    2018年5月25日(土)“長 英一郎氏”の財務諸表の読み方と診療データ比較分析セミナー

    2018年5月25日(土)“長 英一郎氏”の財務諸表の読み方と診療データ比較分析セミナー

    経営トップ・経営幹部のための
    財務諸表・病棟数字の読み方と比較データの活かし方


     本セミナーは、財務3表の読み方や他病院との診療データ比較で病院の経営と業務向上を目指すとして東日本税理士法人 所長 長 英一郎氏が講演を行った。冒頭で「大腿骨頸部骨折のクリニカルパスの説明で正しいのはどれか」という医師の国家資格試験問題を事例に挙げ、病院の経営利益と患者の利益の両立ができないのかを問い、病院経営の視線から見ると在院日数を伸ばし稼働率を上げることにより経営は伸びるが、患者の視線から見ると不必要な入院となっている事例があると述べ、今後の診療報酬改定の予測を踏まえながら解説を行った。
     次に、財務諸表について解説していく。財務諸表には貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書があり、貸借対照表は資金の調達と運用を表しており、損益計算書は儲かっているかどうかを表している。キャッシュ・フロー計算書については資金繰りを表していると述べ、会議等での財務諸表の数字の読み上げは、億単位、万単位で説明することにより経営者はわかりやすくなると述べた。

    詳しく見る

    2018年9月2日(日) 武久洋三先生 特別講演会

    2018年9月2日(日) 武久洋三先生  特別講演会

    20年、24年制度・報酬改革を見据えた
    勝ち残る病院経営戦略


    医療費の無駄は自称急性期への
    慢性期患者の長期入院が原因


     9月2日、慢性期医療の発展に尽力されるとともに、我が国の医療介護政策に多大な影響を与え続ける一般社団法人日本慢性期医療協会会長 武久洋三氏の特別講演会を開催した。


     まず武久氏は「戦後結核病棟
    等から始まり、1973年の老人医療無料化政策により居住系施設代わりに入院する高齢者(社会的入院)が増加した療養病床ですが、改定はもはや療養に医療保険を使う選択肢はないと教えてくれています。今後療養病床のみの病院の生き残りは厳しく、複数の病床機能を持つことが重要です」と語った。
     さらに平成12年に施行された介護保険制度により居住系施設が増加、現在およそ120万床となっている。その数は精神病床を除いた病院病床とほぼ同じ。つまりこの十何年で競争相手が倍になったということになる。病院病床を高齢者の居住施設代わりにしていた患者家族が、経済的理由・居住性・医療信頼度の順位で判断し、病院から居住系施設にシフトしている。 
     患者数の減少により、患者が病院を選ぶ時代が到来。病院経営者にとって非常に厳しい時代になったことを示し、「これからは『地域の高齢者の生命は自院が守る』という強い信念が必要。自院の利益確保を第一に考えていたら信頼されないでしょう」と述べた。

    詳しく見る

    2018年9月8日(土) 縁側(Engawa)最先端医療型高齢者住宅開設ノウハウセミナー

    2018年9月8日(土) 縁側(Engawa)最先端医療型高齢者住宅開設ノウハウセミナー

    介護で実現した高医療依存度特化型有料老人ホーム
    『縁側 〜医療と介護の融合拠点〜』の成功モデル



     社会福祉法人が新規事業として開設した超医療型高齢者住宅『縁側』。その成功モデルについて、社会福祉法人旭生会理事長の園田希和子氏、同経営企画室課長 中村純也氏他2名、そしてコンサルティングを担当した立場からウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 専務取締役の鈴木真一氏の5名が講演を行った。
     第吃瑤楼粟顕駘事長の園田氏が登壇。旭生会は平成8年に法人設立、平成9年3月に特養『旭ヶ丘園』をオープンし、職員数は現在約170名。鹿児島市で唯一の人口増加地域である谷山中央地区に位置する高齢者総合福祉施設である。氏は夫である参議院議員 園田修光氏の妻としての務めを果たす傍ら、48歳で日本福祉大学へ編入学し、卒業と同時に社会福祉士の資格を取得。平成28年に理事長に就任し、平成29年4月に『縁側』を開所した。氏は法人の理念である「尊厳に立つ」に込められた意味と、若きリーダーを育成するという強い意志を持って、平社員だった中村氏を課長に抜擢したエピソードを紹介し、さらにWJU鈴木氏との出会いを語った。経営企画室創設時に、当時100名弱のスタッフからメンバーを募集したところ40名が手を挙げ、内7名を選抜したが、それ以外の職員にも勉強の機会を開放。旭生会は若者たちが育つ「自己実現できる場」であってほしいという想い、経営イメージは「放牧経営」であると述べた。また今年2月に全国社会福祉法人・鹿児島県大規模法人部門で第一号となる「健康経営優良法人2018ホワイト500」に認定され、これは人材確保の起爆剤になりうると紹介した。『縁側』については、座学で学んだ理論をマーケティング・企画立案・新規事業立ち上げから本格的稼働に至るまで、全プロセスを実際に体現していくOJTそのものであるとまとめた。

    詳しく見る

    7月22日(日)〜7月26日(木) 外国人介護人材ベトナム視察

    7月22日(日)〜7月26日(木) 外国人介護人材ベトナム視察

     7月22日〜26日、5回目となるベトナム現地視察を開催した。今回はホーチミン(南部)とダナン(中部)の2か所を中心に、日本への人材輩出に熱心な大学や日本語学校、送出機関を訪問し、日本で働きたいと、日夜、日本語や介護技術の習得に勤しむ学生達との交流を行うと同時に、ベトナム人介護人材の受け入れを本格的に進める事業者(法人)に対し、約100名の学生と数回の面接を実施し、採用・内定が得られたことを報告したい。

     少子高齢化の影響により、深刻な人材危機を迎える我が国では、現在37万人もの介護人材が不足している。一方、ベトナムは人口9270万人、国民の平均年齢31歳(因みに日本47歳、アメリカは38歳)と非常に若く、今回訪れたホーチミン市(8298万人)や北部のハノイ市(7328万人)では、ODAをはじめ大型プロジェクト、高層マンションなど建設ラッシュで活気に満ち経済成長も著しい。そのような中、昨年11月1日に新技能実習制度が施行され、外国人介護人材受け入れの本格幕開けを迎えた。しかしながら日本側の多くの介護事業者の期待に反し、ベトナムでは本年7月現在で、政府から認定されている介護の送出機関はわずか6社止まり。ベトナムに点在する250社以上の送出機関数からみるとその数はあまりにも少ない。ベトナム政府への不満、そして現地で日本語を学ぶ学生達からは「本当に日本に行けるのか?」との疑問と不安が漂う。先の見えない状況下で、現在は学生募集でも集まりにくく、現地の送出機関はもちろん日本の監理団体の焦りも隠せない。
     そうした折、ちょうどベトナム視察中の7月25日、日本政府はベトナム政府と、同国からの介護人材受け入れを合意。1年以内に3000人、2020年夏までに1万人の数値目標を掲げ、ベトナム側もこれに合意した。またこうした意をインドネシアにも打診している。これを機に送出機関の枠が広がり、加速度的な介護人材の受け入れを期待したい。更に、来年4月からの新たな在留資格創設への関心も高まっており、緩和的な制度の見直しにて、より外国人人材が働きやすい環境整備が求められだろう。

    詳しく見る

    2018年7月27日(金) 障がい者事業の新規事業化と効果的な運営管理実践セミナー

    2018年7月27日(金) 障がい者事業の新規事業化と効果的な運営管理実践セミナー

    障がい者事業の立ち上げと運営管理・経営の実務を学ぶ

     講演1は、ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 本間 秀司氏が講演を行った。
     初めに障がい事業についてのマーケティングの将来について解説してゆく。現在、日本では、障がい者の総数は、787万人で人口の約6.2%に相当し、総合自立支援法のサービスを利用している数は約104万人で、障がい者全体の13%に過ぎないのが現状である。このことから、2025年問題は、介護を必要とする高齢者が急増することだけではなく、在宅でケアできない障がい者が出てくる。そのため行政による社会福祉法人、医療法人などへの緊急対応措置が取られ、新しい、障がい総合支援法の一部を改正する法律などができ、爆発的に障がい事業のニーズが高まると見解を述べた。次に、障がいサービス事業の収益性について説明した。事業の収益性については、ワムネットなどに記載されている収支状況をみると、高齢者専門の社会福祉法人の収支が厳しくなっている一方、障がい事業専門事業者の収支は安定しており、年間収支が10%〜20%の法人が4法人に1法人あり、収益性の高さを解説し、障がい事業は、軌道に乗れば、安定した経営が可能であると述べた。最後に、氏が提案する障がい事業の新設法人の設立から事業内容や事業コンセプトなどを

    詳しく見る

    2018年7月7日(土) 医療法人・社会福祉法人の事務長育成・本部機能強化策セミナー

    2018年7月7日(土) 医療法人・社会福祉法人の事務長育成・本部機能強化策セミナー

    医療法人・社会福祉法人の事務長育成と
    本部機能強化策プログラムの実践講座


     医療法人・社会福祉法人の事務長育成と本部機能強化策プログラムの実践をテーマに、ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社から3名の講師が講演を行った。
     はじめに、代表取締役社長の本間秀司氏が登壇し、本部と経営企画室の立ち位置の違いから説明。本部は今ある材料でどう経営して利益を出すか、経営企画室は将来のあるべき姿と揃えなければならない材料は何かを考えるため、意見が異なる。それを最終的に決断して旗振りするのが事務長と述べた。本部機能の最大のポイントは財務分析よりも管理会計でセグメント別の収支が分かるような仕組みが作れるか。それが分からないとあっという間に赤字になり経営は出来ないと強調。事務長は難しい状況下で経営しなければならず「誰でも務まった時代は終わった」という認識が必要である。さらに事務長の出身類型を複数挙げ、その中で現場から育てることの重要性を説いた。事務長・本部の仕事である職員採用については、ハローワークから選ばれる事業所になること。また銀行戦略として「3行体制」を挙げ、次の戦略としては「障がい者事業」に注目。氏は法人のミッションを理解し、事業計画の立案、実行、評価、見直しを行い、組織を目的、目標に導くのが本部機能であると述べ、求められる能力について言及した。

    詳しく見る

    2018年6月29日(金) 医療法人社団 淳英会短時間通所リハビリ運営視察研修ツアー

    2018年6月29日(金) 医療法人社団 淳英会短時間通所リハビリ運営視察研修ツアー

    外来維持期リハビリの通所リハビリ移行と
    短時間通所リハビリ運営システム構築の実際


     関東甲信越の梅雨明けが発表された6月29日、外来維持期リハビリからの短時間通所リハビリ移行の先進モデルとして目覚ましい実績を築いている医療法人社団淳英会の視察研修ツアーが開催された。

     始めに『おゆみの診療所』研修室にて法人本部 統括事務長 増田貴之氏が法人の概要と通所戦略、事業展開と人材育成について講演をした。法人の沿革は、平成8年 おゆみの整形外科の開業から始まり、地域の方々にリハビリを継続的に支援できる施設として『介護老人保健施設おゆみの』、『おゆみの診療所』、法人の基幹施設である『おゆみの中央病院』の開設へと順次拡大し、現在は地域包括支援センターや居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション等を含め、法人全体で10事業所(12事業)を展開している。千葉市緑区の地域住民に医療・介護サービスを提供すべく小さいお子さんから高齢者まで、ワンストップで対応できる体制の構築を目指して事業展開をしてきたという。

    詳しく見る

    2018年6月1日(金) 「地域看護センター構想」現地視察ツアー

    2018年6月1日(金) 「地域看護センター構想」現地視察ツアー

    地域包括ケアの実現を可能にする
    「地域看護センター構想」の実践に学ぶ



     山梨県の中央に広がる甲府盆地の北西部に位置し、都心から車で2時間程度というアクセスのよさで、年間を通じ観光客が多い山梨県北杜市。定年退職者を中心に、牋椽擦靴燭こ広瓩箸靴討眈錣帽發た裕い鮓悗觴然豊かなこの街で、「最後まで自分らしく生きる」をモットーに事業を展開している、一般社団法人だんだん会の視察ツアーを開催した。
     今回はだんだん会の取り組みを現地で体感いただくだけでなく、2日目には理事長 宮崎和加子氏プロデュースによる北杜市満喫ツアーも開催。まさに学びと観光がセットされた満喫ツアーとなっている。
     視察当日は快晴に恵まれ、目の前に広がる八ヶ岳・南アルプスの雄大な景色に心踊る中、会場となるGHわいわい白州へ全国から多くの参加者が訪れた。

    詳しく見る

    2018年6月7日(木) 経営幹部・管理者のための小規模多機能の収益力向上実務講座

    2018年6月7日(木)  経営幹部・管理者のための小規模多機能の収益力向上実務講座

    経営幹部・管理者のための
    小規模多機能の収益力向上実務講座



     経営幹部・管理者のための小規模多機能の収益力向上をテーマに、天晴れ介護サービス総合教育研究所株式会社 代表取締役の榊原宏昌氏が講演を行った。氏は、今回新規利用者獲得のノウハウやスキル、中重度の対応、加算の取り方などをお伝えするが、それを管理者だけで行うのは難しく、経営幹部やエリア長などと二人三脚で行っていく必要があると前置きした。
     はじめに、過去2回HMSで開催した「小規模多機能の完全理解と開設運営ノウハウ習得講座」(6回コース)を例に、全体的な理解の流れを説明。1・2回でコンセプト・収支・制度、3・4回で広報・営業について取り上げたが、これは中身が分かっていると営業がしやすくなるため。外部のケアマネや地域包括ケアスタッフ、病院のソーシャルワーカーや地域住民は小規模多機能のことを知らない方が多いので、きちんと理解していただくことが必要で、氏は営業活動はある意味「外部教育」であると述べた。今回は1〜4回を集約。また5・6回ではケアマネジメント・管理運営を取り上げたが、小規模多機能の本来の趣旨に沿ったサービスを提供していくため、職員やケアマネへの「内部教育」が必要であること。特に小規模多機能は一人ケアマネが多く、現場に入ることも多いので、なかなか成長しづらく、ケアマネジメントが追いついていない現状があると指摘した。

    詳しく見る
    私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
    深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

    HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム) TEL 03-6228-5995 FAX 03-6228-5996

    フォームからのお問い合わせ