最新のイベント情報

過去のイベントレポート

医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

会員情報の確認

講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

保健・医療・福祉サービス研究会 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8 TEL 03-5216-4531 FAX 03-3511-7610

【Visionと戦略】ピックアップ記事

私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

セミナーダイジェスト

2021年5月27日(木)法人の業績を創造するWJU方式管理会計実践セミナー

2021年5月27日(木)法人の業績を創造するWJU方式管理会計実践セミナー

病院・施設の高い業績を創造する
WJU方式管理会計の進め方の実務


 病院・施設の高い業績を創造するWJU方式管理会計の進め方の実務をテーマに、ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社から3名の講師が講演を行った。
 はじめに代表取締役社長の本間秀司氏が登壇。管理会計には色々な考え方があり、これが王道というものは存在していないが、二つの側面から使っている。
 一つは数字をしっかり把握しながら、一つひとつのセグメントで収支を合わせていく。もう一つは管理会計を通して、前方連携・後方連携や、例えばモラルアップ・法人内連携など職員の学習といった、マネジメントをしっかりとやっていく。この二つがしっかりと組み合わさって初めて管理会計は成功すると前置きした。 
 まず管理会計は数字の遊びではないということが第一にある。営業をどうするか、稼働率を上げるためにどのように職員にその気になってもらうか、令和3年介護報酬改定の取り洩れ・取りこぼしを見ることにもなり、人事・労務管理も管理会計に入ってくる。管理会計とは経営の管理のための会計・マネジメントであることをご理解頂きたいと述べた。
 多くの法人には財務・会計のプロと言われている顧問税理士や顧問会計士がいるが、一般病院の4割、社会福祉法人の3割、株式会社の3割が赤字(WJU調べ)という現状である。プロがサポートして、赤字になる理由は、そもそも財務諸表はその法人の過去を表にしたもので、将来のために必要な事業運営の重要な情報を示すものではない。例えば訪看・訪問リハ・看多機のことや、職員をどのように集めたらよいかが分かっている税理士や会計士には出会ったことが無いと本間氏。
 管理会計に必要なのは、管理職のリーダーシップではなく、職員のエンゲージメントで、職員が法人の成功の方程式を理解していなければ絶対に成功しない。
 そこで利益を取りきる法人になるための「鉄の掟 十か条」を紹介。〜以連携・後方連携のフローを切れ目無く設計する部分最適では無く、全体最適で考える組織を構築するA以連携・後方連携のフローは、数字で管理するち瓦討砲いてスピードが勝負ヅ正人員で運営する。加配は厳禁Γ隠娃亜鷁堝を当たり前のカルチャー(風土)にするР短擦鮗茲蠅る┝臟ぐ幣紊蓮管理会計を必須科目にし、身につけるコスト削減を常に実施する絶対比率(人件費率、事業費率、管理費率、減価償却費率、利益率)を必ず守ることである。
 コスト削減のための重点項目として〆猯組顱経費、委託費超過勤務食材費た遊鑒颪鮗┐后0緡邸κ〇磴牢擬圈ν用者の容体急変があるので、残業・早出が当たり前となるが、変形労働制の導入で超過勤務を減らす。全体の超過勤務の支出は総人件費の1〜3%が目安と述べた。
 コスト削減は、支出一覧を一つずつチェックする→委託等やリースなど、契約している内容を見直す→超過勤務を削減する→給食費を削減する→業務の見直しを行う、という手順で実施する。

詳しく見る

2021年4月24日(土)ジョブ型人事考課制度導入と新人事戦略セミナー

2021年4月24日(土)ジョブ型人事考課制度導入と新人事戦略セミナー

成果を上げた職員が報われるWJU方式
「ジョブ型仕様」の人事考課制度構築の実際


 医療介護業界の中で、人材の定着が大きな課題となっており、働きやすい職場をどのように提供するかが人材の確保定着に繋がる。本セミナーでは、人材の定着や業績アップにも繋がる人事考課制度の仕組みをウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社の4人の講師陣が解説した。
 第1部は、代表取締役社長 本間秀司氏がジョブ型人事考課制度の必要性について講演を行った。初めに人事制度の必要性の背景には、地域医療構想、第8期介護保険事業計画から分かる様に、競争の激化、経営の困難さがある。法人の経営力は従来のレベルを大きく超えて求められ、今後、供給量が需要を上回った地域から、順次、事業認可の更新が行われず、経営力の無い法人は、廃業、吸収、合併されていく。そのため、職能等級制度のままでは、職員数が増えていき、法人経営には向かず、従前の年功序列・終身雇用の人事制度は通用しないと「ジョブ型仕様」人事考課制度の必要性を示唆した。また、ジョブ型人事制度は「役割等級制」で運用することが大切であり、個人のやる気とキャリア形成への意欲を引き出すことができ、「仕事ができる人、頑張った人が報われる」職場を提供することができるとまとめ講演を終了した。

詳しく見る

2021年4月10日(土)新人職員・指導者のための接遇応対講座

2021年4月10日(土)新人職員・指導者のための接遇応対講座

社会人として、医療・介護の専門職として、
輝きのある人生を創造する…。


 本セミナーは、医療・介護サービス向上研究員・接遇トレーナーの赤尾英子氏が講演した。
 まず初めに学生と社会人の違いについて説明する。社会人とは組織が掲げる目的や目標を達成するため、様々な年齢や職種の人が関わりを持ちながら、成果が要求される。すなわちプロとして給料をいただく立場である。さらにそれぞれの病院・施設の看板を背負っているという自覚を持ってほしいと《社会人、医療、介護従事者としての心構え》《社会人・組織人・医療介護スタッフとして大切なこと》を解説していく。
 昨今ではIQよりも心の豊かさであるEQ(心の知能指数)の高さが求められるようになっている。EQとは自己や他者の感情を知覚し、自分の感情をコントロールする知能である。患者様・利用者様・ご家族と信頼関係を築くために状況に合わせた立ち振る舞いや対人関係能力、つまり『接遇』が重要であるとして、《仕事中の態度と行動のポイント11項目》を解説。仕事では公私のけじめをつけ、自分も周りも気持ちよく過ごせるように、自分の感情をコントロールすることが大切であるとまとめた。
 医療・介護の仕事は、人の心に関わり、人の誕生に立会い、死を看取り、病気回復の援助をする職業である。患者様・利用者様・ご家族に信頼していただける医療・介護従事者になるためにも、自分が選んだ社会貢献のできる素晴らしい仕事に自信と誇りを持ち、人を好きになってほしいと述べた。
 氏は、ここで『いい病院』ランキングの内容を紹介。患者様が求める『いい病院』には、医師・看護師などの人柄や対応の良さ(接遇)も評価に入っていることを示した。さらに患者様・利用者様は病院・施設全体で一番対応の悪い人を全体のイメージとして捉えやすいことや良い『接遇』は地域の口コミ・評判になると、病院・施設全体で『接遇』の足並みを揃える重要性を示唆し、『CS(Customer Satisfacyion)顧客満足』について解説していく。

詳しく見る

3月3日(水)21 年改定に伴う老健施設の経営管理とリハビリテーション戦略

3月3日(水)21 年改定に伴う老健施設の経営管理とリハビリテーション戦略

老健施設における21年改定の完全対応と
新リハマネジメントに対応したリハビリ戦略


若干のプラス改定ではあったが運営基準の見直しやLIFE運用等、想像以上に大きな影響を及ぼしている2021年介護報酬改定。本セミナーでは「老健施設における21年改定の完全対応とリハビリテーション戦略」をテーマに医療法人社団 東北福祉会 介護老人保健施設せんだんの丘 施設長 土井勝幸氏が講演した。氏は1月18日の答申後、現状では解釈通知やQ&A待ちの中、想定可能な内容に焦点化しお届けしたいと前振り本題へ移った。

 改定の重要項目はヾ鏡症や災害への対応力強化、地域包括ケアシステムの推進、自立支援・重度化防止の取り組みの推進、げ雜鄂雄爐粒諒檗Σ雜邯従譴粒弯掘↓ダ度の安定性・持続可能性の確保―の6つ。プラス改定とはいえ全体的なメリット性は薄い。
 老健施設においては28項目が該当し基本報酬は13〜15単位、新設加算も多い。特に褥瘡マネジメント加算と排泄支援加算のアウトカム評価は、まさにストラクチャー・プロセス評価からアウトカム(科学的介護)への移行の象徴と言える。老健では2018年改定にて在宅復帰・在宅療養支援機能加算(5類型)がアウトカム評価に加わったが、今回、介護の質に対する評価が本格導入されたことはとても意味深い。また改定の目玉となるLIFEはプロセス評価に注力し国にデータ提出を求めた内容であり、現行の加算等への取り組みが進んでいなかった老健は大打撃を受けるだろうとの見解を述べた。
 次に各論解説へ。BCP実施の義務付けは3年間の経過措置までに体制整備を実施。認知症専門ケア加算の必要性や入退所前連携加算、所定疾患療養費に続き、かかりつけ医連携薬剤調整加算については、かかりつけ医との合意や情報提供(2月19日付都道府県へのLIFE通知と書式案が開示)がLIFEに繋がりアウトカム評価に結び付く。
 自立支援・重度化防止においては、リハビリ・栄養・口腔を一体的に取り組む仕組みが強化され、特に栄養の比重は大きく医療も同様の傾向が見られる。各々の計画書等を一元化させた書式が提示される予定だが、当然LIFEとの紐づけと効率的な移行が求められる。
 リハビリマネジメント等の見直しはLIFE通知に則り、入所のリハマネジメントの新書式を厚労省に提出することで算定可となる。

詳しく見る

2021年2月14日(日) 21年改定の詳細解説とLIFE対応の通所リハビリの経営戦略

2021年2月14日(日) 21年改定の詳細解説とLIFE対応の通所リハビリの経営戦略

21年介護報酬改定をチャンスに成長発展する
データヘルス時代の通所リハビリの新経営戦略



 1席目は一般社団法人日本作業療法士協会 会長の中村春基氏が講演した。本改定では生活行為向上リハ加算要件の大幅緩和について、介護給付費分科会で実施件数の少なさから廃止も検討されたものの、自立支援、活動と参加の充実をOT協会が強く主張し、活動を行ったことで何とか回避できたが、次回改定に備え、MTDLP(活動・参加)での実践が重要と述べた。また訪看STの看護職の配置割合を6割以上とする提案がなされたが、8万人のリハ難民が出るとして、反対声明文を出し、様々な渉外活動を実施。その結果、機能強化型訪看STのみの配置基準となった。今後の課題は、国民から認められる質を担保していくことと述べ、氏はそのベースをつくるのが教育であるとし、理学療法士作業療法士学校養成施設規則の改定内容についても説明した。
 続いてMTDLPに基づく通所リハの取り組みとICFによるアセスメント、LIFEについて解説を行い、活動と参加の到達点をどこに置くのか、介護保険内でどこまでを評価して、どのような目標設定を持たせるべきかが今後の課題となると述べた。またCHASEの初期仕様において収集対象とする項目の記録状況について、「基本的な項目」のうち、在宅復帰の有無、誤嚥性肺炎の既往歴等については施設でも半数弱程度でしか記録されておらず、Barthel Index、DBD13、Vitality Indexについては施設、居住系、居宅の種別に限らずほとんど記録されていなかったことに触れ、現状立ち止まって考える必要があるのではないかと提起した。
 最後に事例報告を行い、VI
SIT・CHASEだけでは項目が足りないのは明らかで、様々な評価と支援を実施することと、また、リハビリテーションの哲学・理念に基づいて、プログラム優先ではなく、その人の目標をどこに置くか、到達するには何が必要か、通所リハは中でも外でもサービスを展開していくべきであると示唆した。リハビリテーションが介護保険を変えていくのは明らかで、通所リハはますます重要になっていく。そのことを自覚し、個別の対応とサービスを改めて考え、サービスを展開して頂きたいとまとめ、講演を終了した。

詳しく見る

2021年1月30日(土)2021年介護報酬改定の答申速報詳細解説セミナー

2021年1月30日(土)2021年介護報酬改定の答申速報詳細解説セミナー

2021年介護報酬改定の答申速報の
徹底解説と施行までの準備対応の具体策


 小濱介護経営事務所 代表 小濱道博氏が講演。初めに今回の介護報酬改定について俯瞰し、同時に介護保険改正にも目を向け4月以降の事業経営を考え、準備対策をしてほしいと介護保険改正や今回の介護報酬改定の考え方について解説していく。
 今回の改定はプラス改定なので、多くの方が安心し、危機感がなくなっている状況が見受けられる。前回(平成30年)の改定は+0・54%。2回連続でプラス改定となったが、多くの事業所で経営の厳しさが増したという感覚が強いのではないかと述べ、その要因について、昨年10月に出された介護事業経営実態調査結果を元に解説する。介護業界全体の平均的な収支差率(利益率)は2.4%。3年前の平成29年には3.3%だった。1000万円の収入に対して、2.4%なので手元に残るのは24万円。3年前は33万円。同じことを同じようにやって、9万円の減少ということになる。
 前回の報酬改定はプラスだったのに、9万円の利益減。この要因の一つが人件費率の上昇である。介護業界は慢性的な人手不足のため、派遣に頼ることが増え、結果人件費が上がっているという。前回プラス改定だったが、それ以上に人件費が伸びているので、経営が厳しくなっている。氏は、今後の人件費の伸びを考えると、それに見合った改定ではないとした。
 介護報酬改定の審議の間、6月5日に介護保険法が国会で成立している。今回の介護保険法は主だった部分が先送りになり、大きな改正ではないというイメージが強いとしつつも、注目すべき省令を挙げた。今年の4月1日から総合事業における第一号事業(その昔予防訪問介護・予防通所介護であったサービス)について、要介護者が希望し、自治体が認めれば総合事業(第一号事業)を利用できる。すなわち、これまでは要支援者しか利用できなかった総合事業が4月1日から要介護認定者も利用できるサービスとなった。これに伴い、地域包括支援センターの判断で軽度者を総合事業の利用に振り分けるのではないかといった懸念も聞かれるという。また省令としては発出されていないが、今回の制度改正のなかで、補足給付や補足給付の資産基準についても見直されると詳細を解説。これらの補足給付の見直しは介護事業所にとって影響が想定されるとした。
 今回の介護報酬改定は12月17日に+0・70%と公表された。この中の0・05%は新型コロナウイルス感染症に対応するための特例的な評価で令和3年9月末までの措置となる。つまりコロナ特例を引いて実質+0・65となる。コロナ特例は半年間すべての介護サービスにおいて基本報酬を0.1%増額する。
 内容としては、現行の多くの加算に対し上位区分ができている。4月からLIFEという名前に変わるVISIT・CHASEのデータベース関連の加算もある。ほぼ微増の改定なのに、上位区分が増えたり新しい加算が増えているのはどういうことか。氏は今回の改定は財政中立という考え方だという―財政中立とは、箱の中身を増やしたら、同じ分減らし、結果的に箱のサイズは変わらないこと。
 今回多くの加算で上位区分をつくったが、既存の加算の報酬を引き下げ、その分を新設加算に乗せトータルで変わらないという操作が多々行われているという。プラス改定ではあるが、既存の加算をとり続ける場合は、加算単位が減り減収となり、逆に上位区分をとれば報酬単位が増え増収となる。今回の報酬改定の怖いところは、同じサービスの中で収入の増える事業所と減る事業所の二つに分かれるということ。このように財政中立を頭において改定内容をみてほしいと述べ、各サービスの改定内容に入っていく。

詳しく見る

12月13日(日)21年介護報酬改定と短時間通所リハビリの準備対応と経営戦略セミナー

12月13日(日)21年介護報酬改定と短時間通所リハビリの準備対応と経営戦略セミナー

21年介護報酬改定の施行に向けた準備対応と
成長発展する短時間通所リハビリの新経営戦略


 前半は株式会社リンクアップ・ラボ代表 酒井麻由美氏が講演した。初めに2020年診療報酬改定の振り返りからスタート。点数上の変化はなかったものの地域包括ケアシステムを主軸に2025年改革のゴールとその完成形を目指した改定であったという。支える医療(タスクシェア・タスクシフト・チーム医療)の先にアウトカム=結果に繋げる重要性が問われ、多職種によるマネジメントで最大限の効果を引き出すために、業務効率化(ICT利活用)や安心安全で質の高い医療の実現が具体化された。入院(老健含む)から在宅までの連携と流れにおいては様々なアウトカム評価が包含され、これが2021年介護報酬改定のCHASEやVISITに反映し、医療介護全体において結果重視へとシフトさせる。氏は地ケアや回リハの実績指数等の効果的かつ結果を出す取り組みにも注視、またケアマネは目標FIMによるリハビリの状態を理解すべきという。更に退院後の生活を視野にいれた維持期・生活期リハビリの重要性も説く。そして通所リハビリは原点に立ち返るべきと警鐘を鳴らし、改めて通所・訪問リハビリの役割と機能は入院(医療)からの継続利用により目標のズレを解消することであると言及した。
 続いて21年介護報酬改定の解説へ。基本認識は.灰蹈粉鏡症や災害対応力強化、地域に応じた中重度者や要介護、認知症利用者を中心に支える仕組みづくり、M彁抉隋⇒弉雜遑院Γ欧悗亮立支援と重度化防止である。尚、現状、介護の人材不足は深刻ではあるが現場も生産性の向上(革新)を目指すとする。
 主な改定内容は⑴リハビリテーション・機能訓練・口腔・栄養の取組連携・強化―ICTの利活用、入浴介助、口腔機能スクリーニング、栄養アセスメント等への取り組み。⑵介護サービスの質の評価と科学的介護の実現―CHASEやVISITのデータ提出(施設含む全事業で実施)によりフィードバック等を求める。⑶評価の適正化・重点化―同一建物減算適用時の区分支給限度額の計算方法の見直し―の3点である。これらは通所リハ・介護の両方に資する内容であり、氏は同じ土俵にあるという考え方を示した。

詳しく見る

12月22日(火)定期巡回・随時対応サービス事業開設と運営ノウハウセミナー

12月22日(火)定期巡回・随時対応サービス事業開設と運営ノウハウセミナー

21年介護報酬改定への準備対応と失敗のない
定期巡回・随時対応サービスの開設運営の実際


「包括報酬型在宅サービス」として、益々期待が高まる定期巡回・随時対応サービスの運営ノウハウと経営戦略について、株式会社SPIN代表取締役の田中潔氏、コンサルタントの山本八寸代氏が講演した。
 1席目に田中潔氏が登壇、はじめに2021年介護報酬改定のキーワードとして、ヾ鏡症や災害への対応力強化地域包括ケアシステムの推進、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続ける自立支援・重度化防止の推進げ雜鄂雄爐粒諒檗Σ雜邯従譴粒弯鍬ダ度の安定性・持続可能性の確保の5点を挙げ、定期巡回・随時対応サービス(以下定巡)には全てを解決する可能性が秘められていると述べる。続いて、定巡が普及すると、なぜ自宅で最後まで暮らしたいという希望が叶うのか、また家族等介護者が就労しながらケアに携われる仕組みについて解説していく。
 「介護保険事業計画における施策反映のための手引き」によると、自宅等での生活の維持が難しくなっている理由は、要介護2以下の本人の状態では「認知症状の悪化」、要介護3以上の本人状態では「必要な身体介護の増大」、家族等介護者の意向・負担等に属する理由では「不安・負担量の増大」である。在宅生活継続が可能と考えている人の多くは、訪問系サービスを利用しており、利用回数(頻度)も多い傾向にあるという。
 また在宅生活の継続に向け、家族等介護者が不安に感じ介護、就労の継続が困難と考えている要因はともに、「認知症状への対応」「夜間の排泄」であり、この2つの不安は、訪問サービスの利用回数増加とともに低下する。定巡では1日に3回等、頻回なサービス提供が行われるので、整備を進めていくことで、家族の不安や負担を軽減し、同時に介護者の就労継続にも寄与できるため、安心して在宅生活を継続することが出来る。
 就労の継続が可能と考えている介護者は、訪問系の利用回数が多く月15回以上の層が多いというデータが出ている。定巡の場合は平均で1日に2〜3回、毎日のサービス提供となるので月で60〜90回、多い方で100回以上となるなど圧倒的に訪問回数が多いのが定巡の特徴である。また緊急時の連絡ツール(コール)があることにより、何かあった時に家族の不安を払拭できるというメリットがあり、就労の継続と自宅で最後まで暮らせる判断をしてもらいやすい。

詳しく見る

2020年11月14日(土)2021年介護報酬改定の準備対応と新たな経営戦略セミナー

2020年11月14日(土)2021年介護報酬改定の準備対応と新たな経営戦略セミナー

2021年介護報酬改定の最新動向と
“先手必勝”の準備並びに新経営戦略


 本セミナーでは、小濱介護経営事務所 代表 小濱 道博氏が、来年4月の2021年介護報酬改定施行に向け、介護事業経営に関するトピックスから、2021年介護報酬改定の審議の論点、さらに答申、施行に向けた狎莠衂勝瓩侶弍沈鑪について解説した。

 はじめに、現在の介護業界における人材不足の背景やコロナ禍の問題も含め、11月段階でわかっている改定内容の詳細について解説。その中で、11月2日に開催された財政制度分科会で出された新型コロナウイルス感染症の収入への影響は、一時的な利用控えは見られたものの、6月以降の状況は改善しているという財務省の見解を示した。
 また、令和元年度に行われた経営実態調査では、介護事業における収支差率は、2.4%と中小企業と同程度の水準であるため、新型コロナウイルス感染症流行の収束までの臨時の介護報酬上の措置を講じることはあり得るが、介護報酬の基本報酬の中に含まれるべきではない。さらに処遇改善においては、介護報酬改定において国民負担増(プラス改定)を求めてまで処遇改善を更に進めるべきではないとの財務省の見解を解説した。
 次に、介護報酬改定に向けた基本案について解説。今回の改定については、新型コロナウイルス感染症や大規模災害が発生する中で感染症や災害への対応力を図り、地域包括ケアシステムを各地域の特性に応じて構築し推進していく必要がある。また、介護サービスは高齢者の自立支援と重度化防止に資するものであることが求められ、サービスの質の評価や科学的介護の実現のため環境整備の推進や総合的な介護人材確保対策をはじめとする介護現場の刷新の取組を一層進めていく方向性で今回の改定は進んでいく。しかし今回のコロナの影響もあり、既存の加算内容や運営基準、施設基準の見直しの改定になるため、来年度の加算算定を間違う可能性があると示唆した。更に、今後の議論については3年後の改定に大きく影響すると予測し、対応策が重要であると加えた。

詳しく見る

2020年11月21日(土)「超」高稼働を実現する介護事業運営と経営戦略セミナー

2020年11月21日(土)「超」高稼働を実現する介護事業運営と経営戦略セミナー

「超」高稼働実績を構築する
介護事業運営ノウハウと経営戦略


ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 本間 秀司氏、同専務取締役 鈴木 真一氏、同コンサルタント谷田川 賢一氏3名の講師が、100%稼働が当たり前の風土(カルチャー)をどのようにつくるか、そのノウハウを徹底解説するセミナーが開催された。

 第一席、本間氏が講演。医療介護を取り巻く背景と経営のマネジメントについて解説していく。2018年ワムネットの社会福祉法人(以下、社福)経営状況調査から社福の赤字割合は2015年21・2%(約4620法人)から2018年には28・8%(約6250法人)へと一貫して赤字法人が増加、2021年には約4割(8680法人)が赤字になる可能性があるという。また大規模法人ほど経営が安定しているという結果となっていることから、WJU独自の見解としては、今後行政の主導で社会福祉法人の統合・合併が進んでいくだろうと述べた。合併は社福同士で可能だが、21年から医療法人や株式会社による第二種社会福祉法人の事業譲渡が可能になるという。
 赤字の社福が増加している中でも稼働率100%の法人もある。氏は長年のコンサルタント経験から持論を展開した。人の能力には大差がない。いかに風土や文化(カルチャー)が大事か、すべては働いている人のものの見方と考え方で決まる。どういうマインドで仕事をするかで結果も変わる。技術面もさることながら、仕事への取り組みがとても重要。さらに事業には成功の方程式とセオリーがある。方程式が組めてセオリーがしっかりしていれば、100%稼働は実現すると力強く述べた。
 続いて、第8期介護保険事
業計画の基本指針『2025・
2040年を見据えたサービス基盤・人的基板の整備』について解説した。国は引き続き介護医療院への転換促進を図っていく。介護医療院は、令和2年6月時点で515施設(3万2000床)まで増えているが、最終的に20万床までいくという見方もある。医療保険サービスは既に総量規制となり、21年から介護サービスは地域によって総量規制が開始される。有料老人ホーム(以下、有老)やサービス付き高齢者向け住宅が自由に建てられる時代は終わり、働き方改革による総人件費の上昇、診療報酬改定・介護報酬改定には期待できないなか、利益がない経営は許されない。このような時代だからこそ中長期の事業計画策定が重要であるとして、事業のポートフォリオについて解説した。三菱UFJリサーチ&コンサルティング「〈地域包括ケア研究会〉2040年:多元的社会における地域包括ケアシステム」の内容を紹介し、ポートフォリオは多元的社会―地域包括ケアシステムに合わせて計画をしてほしいと述べた。その結果、自ずと多事業、多事業所、多職種、多人種+多分野の事業ストラクチャーとなる。医療介護を取り巻く背景を理解し、生き残るためには高稼働は当たり前(カルチャー)だという『強い経営』ができるかが勝負だとした。
 終盤爛縫紂璽痢璽泪觀弍津彰垢里燭瓩10の条件達成と今後の経営戦略瓩砲弔い堂鮴癲F辰墨働の対価については、今後成果の対価として給与に転換する経営(ジョブ型経営)に大きく変わっていく。世の中がこれだけ変容していると何が正解かはわからないが、経営は続けていかなければならない。結果がすべてなので、最大限できるのは全職員で戦う、全職員で最高のパフォーマンスを出すことを考えてほしいと述べた。
 最後に氏の人気講座である半年間6回(延べ12日間)コースで事業計画策定までを学ぶことができる『エリート養成講座』(第12期生募集中〈令和3年4月スタート〉)を紹介し講演を終了した。

詳しく見る
私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム) TEL 03-6228-5995 FAX 03-6228-5996

フォームからのお問い合わせ