医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

【Visionと戦略】ピックアップ記事

最新のイベント情報

過去のイベントレポート

HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

会員情報の確認

講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 コリドースクエア銀座7丁目2F TEL 03-6823-8700 FAX 03-6823-8701

【Visionと戦略】ピックアップ記事

私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト
座談会 対談    

セミナーダイジェスト

11月9日(水)八千代会グループ メリィホスピタル&メリィデイズ視察ツアー

病院と住まいの合築で地域包括ケアを実践する
「メリィホスピタル&メリィデイズ&メリィハウス西風新都」を現地で体感

 街路樹の紅葉が見頃を迎えた11月9日、北は北海道、南は鹿児島の全国各地から、約20名の参加者が集まり視察ツアーを開催した。
 八千代会グループは、1992年に安芸高田市で八千代病院を150床で開設してから、本年で30周年を迎えた。医療法人社団八千代会、富士メディカル株式会社、株式会社安芸メディカルで構成され、グループ全体の職員数は約1600人。総入居・病床数は1869床、「医療ケア」をメリィホスピタル(199床)と医療対応型サービス付き高齢者向け住宅のメリィデイズ(216床)で、「介護ケア」を介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホームのメリィハウス西風新都(定員470名)とメリィハウス八千代(定員320名)、八千代病院介護医療院(300床)、一般サービス付き高齢者向け住宅6施設で担う。
 メリィホスピタル、メリィデイズ、メリィハウス西風新都のある広島市安佐南区は、広島市中心部からは車で約15分、ベッドタウンとして急速に都市化・交通網の整備が進み、2045年に向けて医療介護需要ともに増加が予測されている地区である。
 HMS代表の田中優至の開会挨拶後、八千代会グループ副理事長の姜慧氏より八千代会グループの事業・取り組みの変遷の紹介、そして地域に支持されるものをつくりあげていくために一番大事なのは、自法人を取り巻くデータを知ることと挨拶の言葉をいただき、視察ツアーは始まった。
 はじめに、メリィホスピタル院長・八千代会グループ医療統括管理者の福田康彦氏が、「地域包括ケアにおけるメリィホスピタル&デイズの役割」について講演した。メリィホスピタルは、2018年4月に、八千代病院511床のうち199床をメリィホスピタルへ移転し、新規開院した。現在、地域包括ケア病棟50床、回復期リハビリテーション病棟102床、緩和ケア病棟47床、健診センター・フィットネスを持つ。22年9月からは救急車の受け入れを開始。高齢者の脱水、発熱、下痢、嘔吐などの増悪や看取りを中心に、高齢者に特化した慢性期医療の総合診療を実践している。福田氏は、1968年に広島大学医学部医学科を卒業後、第2外科に入局。講師、助教授を経て、県立広島病院の一般外科部長、救命救急センター長、副院長、JA広島総合病院院長等を歴任、21年から現職。福田氏は、約50年近く介護系・慢性期系の病院とは無縁の環境で過ごしてきたために、当院に来てからは驚きと勉強の連続だったという。超高齢化社会では現在の医療制度では高齢者に適切な医療が提供できないため新しい仕組みを考えなければならない、また医師も総合診療やリハビリテーション、多職種連携を重視した新しい教育が必要であると述べた。

詳しく見る

9月10日(土)病院における適時調査の準備対応と法令遵守の病院経営セミナー

適時調査・個別指導への
完全対応と法令遵守の病院経営

 1席目は「病院の適時調査・個別指導の事例を踏まえた準備対応の具体策」について蟷楡澳霆狒躪膰Φ羹 代表取締役 竹田和行氏が講演した。
 新型コロナにより2年の時を経て今年から適時調査や個別指導が再開されたことを前置きし、まずは「診療報酬返還の3つのリスク」―自治体が実施する医療監視や生活保護法による調査と厚生局が実施する適時調査、指導(任意)、監査(強制)そして会計検査院による検査概要や実例について解説した。

詳しく見る

2022年8月27日(土)高齢者施設の臨床栄養師活動の充実と地域展開セミナー

高齢者施設の管理栄養士の活動と
地域における取り組みの実際

 本セミナーでは、34年に及ぶ管理栄養士としての知識と経験を持ち臨床栄養師として研究にも携わる、社会福祉法人親善福祉協会 介護老人保健施設リハパーク舞岡 栄養課 課長の苅部康子氏が登壇。氏は、訪問活動を含めた栄養管理の体制づくりと実務について講演を行った。当日は、全国のさまざまな施設から管理栄養士をはじめ介護サービスに携わる多職種が参加した。

詳しく見る

2022年7月23日(土)処遇改善支援補助金実績報告書・ベースアップ等支援加算計画書届出セミナー

2022年7月23日(土)処遇改善支援補助金実績報告書・ベースアップ等支援加算計画書届出セミナー

介護職員等処遇改善支援補助金実績報告書作成と
介護職員等ベースアップ支援加算計画書届出の実務


 小濱介護経営事務所代表の小濱道博氏が、7月末までに提出すべき従来の介護職員処遇改善加算・特定処遇改善加算の実績報告書の最終確認と、8月末が提出期限となる10月からの介護職員等ベースアップ支援加算の計画書届出の実務をテーマに講演を行った。

詳しく見る

2022年6月22日(水)・23日(木)法人経営の将来を担うエリート養成講座 初級編

2022年6月22日(水)・23日(木)法人経営の将来を担うエリート養成講座 初級編

日本の医療・福祉政策、社会保障制度の基礎を理解し、“ものの見方と考え方 ”を徹底的に学ぶ

 6月22日・23日の2日間、ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役社長の本間秀司氏によるエリート養成講座初級編の第1回(2日間×3回)が開催された。
 本講座は、2015年からスタートしたエリート養成講座(卒業生220名)の入門編となる企画で、今回が第1期生となる。今年1月の開講予定がコロナ感染拡大の影響により、6月に延期してのスタートとなったが、全国から30名程の医療・介護・障がい事業の現場リーダーが集まった。これから3カ月にわたって、講義、演習、グループ討議・発表を重ね、各回で出される宿題に取り組み、現場リーダー、あるいは経営幹部としての事業計画を作成し、その成果物を法人に持ち帰り今後の業務に生かしていく。

詳しく見る

2022年5月28日(土)病院 ・ 施設機能を高め業績に貢献する栄養管理戦略セミナー

2022年5月28日(土)病院 ・ 施設機能を高め業績に貢献する栄養管理戦略セミナー

病院・施設機能を高め業績に貢献する
管理栄養士の栄養管理の専門性と地域展開


 厚生労働省 老健局 老人保健課 介護予防栄養調整官の日名子まき氏は「介護・診療報酬で評価高まる栄養管理の専門性と病院・施設・地域での管理栄養士の使命とその役割〜栄養・口腔・リハビリの連携強化と2024年に向けた今後の栄養施策〜」について講演した。

詳しく見る

2022年4月17日(日)「マネジメントの基本」

2022年4月17日(日)「マネジメントの基本」

悩める医療・介護
新任管理者とマネジャーに捧ぐ!


 ユーチューバー、そしてSNSやラジオ番組でも大人気、医療介護現場で生じる様々な課題・問題について発信し続けるNバク氏。そんな氏に「悩める看護師に捧ぐ!看護師のリーダーシップ」をテーマに登壇いただいたのは昨年12月のこと。当会では枠(プラットフォーム)を超えた異色の講師起用が話題となったが、Nバクファンをメインに多くの参加者から感動と喜びの声が続出した。
 この企画を機に、「Visonと戦略」においても本年4月号より待望の連載がスタート。「ナースの職場改善」と題して、現場管理者に向けた独自タッチで執筆いただき、今後の連載にも更なる期待が高まる。

詳しく見る

2022年3月13日(日)業績を築く通所リハ・通所介護の運営と経営戦略セミナー

2022年3月13日(日)業績を築く通所リハ・通所介護の運営と経営戦略セミナー

通所リハ・通所介護の機能強化と経営改善の進め方と業績を築く経営戦略
 
 株式会社メディックプランニング 代表の三好貴之氏が、2021年介護報酬改定にともなう通所リハ・通所介護への影響とインパクト、LIFE導入によって変わる通所事業運営の効率化と今後の課題などを各所に交えながら、今後の経営戦略について解説した。

詳しく見る

2022年2月11日(金)介護職員・看護職員等の賃金改善と処遇改善計画作成実務

2022年2月11日(金)介護職員・看護職員等の賃金改善と処遇改善計画作成実務

2月スタート! 介護・看護の支援補助金の
取得要件・事務手続と処遇改善計画の実務


 小濱介護経営事務所 代表の小濱道博氏が、介護職員処遇改善支援補助金と看護職員等処遇改善事業による賃金改善の実務等をテーマに講演を行った。
 はじめに介護職員処遇改善支援補助金について解説。まずやらなければならないのは、職員に本補助金の概要を説明し、2月から給料が一律9000円上がるわけではないと、理解してもらうことである。本補助金は介護職員処遇改善加算や特定処遇改善加算ととても近い仕組みで、各事業所の毎月の総報酬額にサービスごとに設定した交付率をかけた額が支給される。ただし総報酬額の中に含まれている処遇改善加算と特定処遇改善加算の分はそのままで差し引かずに交付率をかけるというところが大きな違いだ。

詳しく見る

2022年1月29日(土)小濱道博先生 特別講演会

2022年1月29日(土)小濱道博先生 特別講演会

2024年制度・報酬改定を見据えた
勝ち抜く法人の介護事業経営戦略


 2021年改定は、過去最大規模の改定となり、LIFEの登録施設数の急激な伸びは、新たな介護保険制度の到来を予見する。同時に、職員の業務量も年々増加し、人材確保策とともにICTの活用が急務となっている。そのような中、2022年は介護保険部会での2024年介護保険法改正の審議がスタートし、年内に意見書が取りまとめられる。本セミナーでは、激動の大改正が見込まれる2024年改定に向けての新たな事業戦略について、小濱介護経営事務所 代表の小濱道博氏が講演を行った。

詳しく見る
私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 コリドースクエア銀座7丁目2F TEL 03-6823-8700 FAX 03-6823-8701

フォームからのお問い合わせ