医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

【Visionと戦略】ピックアップ記事

最新のイベント情報

過去のイベントレポート

HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

会員情報の確認

講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 コリドースクエア銀座7丁目2F TEL 03-6823-8700 FAX 03-6823-8701

【Visionと戦略】ピックアップ記事

私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト
座談会 対談    

接遇レポート

【2023年8月号】寺川あづさの接遇連載 第5回

【2023年8月号】寺川あづさの接遇連載 第5回

「医療・介護施設にふさわしい言葉遣い」

保健・医療・福祉サービス研究会
教育事業部 接遇・ヒューマンスキル指導講師
キャリアコンサルタント
寺川あづさ

【経歴】学生時代よりナレーターの仕事を始め、その後フリーアナウンサーとしてテレビ・ラジオのレポーターや式典・シンポジウム・記者発表会などの仕事に携わる。同時に研修講師として、後輩の育成や企業における接遇教育を手掛ける。その後、自身の病気による入院・手術をきっかけに都内がん専門病院に勤務し、総合案内リーダーとして勤務する傍ら、院内の既存スタッフ・新入職者の接遇教育を担当する他、他病院の接遇マナーやコミュニケーション、管理職研修、後輩育成、など多数の研修を手掛ける。2014年には勤務病院において年間優秀職員賞を受賞。現在は、保健・医療・福祉サービス研究会 教育事業部 接遇・ヒューマンスキル指導講師として全国で幅広く活躍中。

【主な実績】総合病院 大学附属病院 医師会 公立病院 クリニック 有料老人ホーム 特別養護老人ホーム サービス付き高齢者住宅 障がい者支援施設

【資格】キャリアコンサルタント、認定心理士、日本語教師養成課程修了、メンタルヘルスマネジメント(セルフケア)、モチベーションマネジメント・ベーシック

詳しく見る

【2023年7月号】寺川あづさの接遇連載 第4回

【2023年7月号】寺川あづさの接遇連載 第4回

医療・介護現場で求められる
身だしなみとは


保健・医療・福祉サービス研究会
教育事業部 接遇・ヒューマンスキル指導講師
キャリアコンサルタント
寺川あづさ

【経歴】学生時代よりナレーターの仕事を始め、その後フリーアナウンサーとしてテレビ・ラジオのレポーターや式典・シンポジウム・記者発表会などの仕事に携わる。同時に研修講師として、後輩の育成や企業における接遇教育を手掛ける。その後、自身の病気による入院・手術をきっかけに都内がん専門病院に勤務し、総合案内リーダーとして勤務する傍ら、院内の既存スタッフ・新入職者の接遇教育を担当する他、他病院の接遇マナーやコミュニケーション、管理職研修、後輩育成、など多数の研修を手掛ける。2014年には勤務病院において年間優秀職員賞を受賞。現在は、保健・医療・福祉サービス研究会 教育事業部 接遇・ヒューマンスキル指導講師として全国で幅広く活躍中。

【主な実績】総合病院 大学附属病院 医師会 公立病院 クリニック 有料老人ホーム 特別養護老人ホーム サービス付き高齢者住宅 障がい者支援施設

【資格】キャリアコンサルタント、認定心理士、日本語教師養成課程修了、メンタルヘルスマネジメント(セルフケア)、モチベーションマネジメント・ベーシック

詳しく見る

【2023年6月号】寺川あづさの接遇連載 第3回

【2023年6月号】寺川あづさの接遇連載 第3回

あいさつはコミュニケーションの第一歩

保健・医療・福祉サービス研究会
教育事業部 接遇・ヒューマンスキル指導講師
寺川あづさ

【経歴】学生時代よりナレーターの仕事を始め、その後フリーアナウンサーとしてテレビ・ラジオのレポーターや式典・シンポジウム・記者発表会などの仕事に携わる。同時に研修講師として、後輩の育成や企業における接遇教育を手掛ける。その後、自身の病気による入院・手術をきっかけに都内がん専門病院に勤務し、総合案内リーダーとして勤務する傍ら、院内の既存スタッフ・新入職者の接遇教育を担当する他、他病院の接遇マナーやコミュニケーション、管理職研修、後輩育成、など多数の研修を手掛ける。2014年には勤務病院において年間優秀職員賞を受賞。現在は、保健・医療・福祉サービス研究会 教育事業部 接遇・ヒューマンスキル指導講師として全国で幅広く活躍中。

【主な実績】総合病院 大学附属病院 医師会 公立病院 クリニック 有料老人ホーム 特別養護老人ホーム サービス付き高齢者住宅 障がい者支援施設

【資格】キャリアコンサルタント、認定心理士、日本語教師養成課程修了、メンタルヘルスマネジメント(セルフケア)、モチベーションマネジメント・ベーシック

詳しく見る

【2023年5月号】寺川あづさの接遇連載 第2回

【2023年5月号】寺川あづさの接遇連載 第2回

第一印象を決めるのは笑顔

保健・医療・福祉サービス研究会
教育事業部 接遇・ヒューマンスキル指導講師
寺川あづさ

詳しく見る

【2023年4月号】寺川あづさの接遇連載 第1回

【2023年4月号】寺川あづさの接遇連載 第1回

ホスピタリティとサービスの違い

保健・医療・福祉サービス研究会
教育事業部 接遇・ヒューマンスキル指導講師
寺川あづさ

【経歴】学生時代よりナレーターの仕事を始め、その後フリーアナウンサーとしてテレビ・ラジオのレポーターや式典・シンポジウム・記者発表会などの仕事に携わる。同時に研修講師として、後輩の育成や企業における接遇教育を手掛ける。その後、自身の病気による入院・手術をきっかけに都内がん専門病院に勤務し、総合案内リーダーとして勤務する傍ら、院内の既存スタッフ・新入職者の接遇教育を担当する他、他病院の接遇マナーやコミュニケーション、管理職研修、後輩育成、など多数の研修を手掛ける。2014年には勤務病院において年間優秀職員賞を受賞。現在は、保健・医療・福祉サービス研究会 教育事業部 接遇・ヒューマンスキル指導講師として全国で幅広く活躍中。

【主な実績】総合病院 大学附属病院 医師会 公立病院 クリニック 有料老人ホーム 特別養護老人ホーム サービス付き高齢者住宅 障がい者支援施設

【資格】キャリアコンサルタント、認定心理士、日本語教師養成課程修了、メンタルヘルスマネジメント(セルフケア)、モチベーションマネジメント・ベーシック

詳しく見る

【2020年9月号】接遇レポート 第178回

【2020年9月号】接遇レポート 第178回

『組織で取り組む接遇教育』
〜思いやりの心を育て信頼される病院になるために〜

筑波学園病院
副病院長兼看護部長
小林 弘美

■当院の紹介
 一般財団法人 筑波麓仁会 筑波学園病院(以下当施設)は、茨城県の南西部に位置し、北に筑波山を擁し、東には霞ヶ浦を控え、冬季には「筑波おろし」と呼ばれる乾いた冷たい風が吹くことが特徴となっている地域です。
 当施設は、1975年に設立、45年の歴史ある病院です。地域の中核病院として2次救急の役割を担う病院で、敷地内には在宅支援部門である総合ケアセンター(居宅支援事業所・訪問看護ステーション・訪問リハビリ)、老人保健施設、看護師を育成する看護学校、職員が安心して子育てできる院内保育所を運営しています。病床数331床(一般病床298床・結核病床33床)を有し、職員数は約700名です。外来は28診療科あり、今年5月に外来棟と健診センターを開設し、健康増進・疾病予防活動を強化している所です。
 地域になくてはならない組織づくりを目指し、医療・福祉の充実のために積極的な取り組みをしており、地域の皆さんから親しまれ信頼される施設をモットーに「真心で医療と福祉に貢献します」という基本理念の実現に向けて活動しています。
 また、在宅復帰に向けて継続した医療と安心した療養生活を送るために、退院前訪問、退院後訪問を充実し、繋ぐ医療・生活支援が出来るチーム医療を実践しています。

詳しく見る

【2020年5月号】接遇レポート 第178回

【2020年5月号】接遇レポート 第178回

『理念を具現化した接遇教育』
〜すずかけの木陰のやさしさを信条とした人材育成と接遇教育〜

■医療法人弘遠会
 すずかけグループの紹介

 医療法人弘遠会は静岡県西部地区に、すずかけグループ3病院を開設しております。磐田市に回復期リハビリ病棟106床、医療療養病棟54床の計160床を有したすずかけヘルスケアホスピタル(2003年6月開院)。浜松市天竜区に、地域包括ケア病棟55床、回復期リハビリ病棟55床、医療療養病棟55床、介護医療院55床の計220床を有した天竜すずかけ病院(1994年12月開設)。浜松市南区に、急性期一般病棟87床、回復期リハビリ病棟60床、地域包括ケア病棟46床、障害者病棟58床、療養病棟58床の計309床と放射線治療センター、健康管理センターを含むすずかけセントラル病院(2012年11月開院)です。また、浜松市中区に3病院統括部門の企画調整室があります。今回は、すずかけセントラル病院の接遇改善の取り組みを紹介させていただきます。

詳しく見る

【2020年2月号】接遇レポート 第177回

【2020年2月号】接遇レポート 第177回

『お客様のより一層の
    満足度向上を目指して』

〜良い接遇は、毎日の接遇トレーニングルームの取り組みから〜

介護老人保健施設ぺあれんと 
介護科長
野村 美代子

■法人紹介
 医療法人博愛会は、山口県宇部市の中心に位置し、病院・介護医療院、介護老人保健施設2施設、グループホーム2施設、生活支援ハウス、訪問看護ヘルパーステーション、通所リハビリテーション、居宅介護支援事業所、在宅介護支援センター、関連の社会福祉法人にてケアハウス(50名定員)も運営しております。
 「介護老人保健施設ぺあれんと(入居100床、通所リハビリテーション80名定員)」は、ケアハウス、グループホーム、訪問看護ヘルパーステーション、居宅介護支援事業所と一緒になった複合施設「地域コミュニティスペースふぁみらんど」内の事業所として2004年4月に開設いたしました。 

詳しく見る

【2020年1月号】接遇レポート 第176回

【2020年1月号】接遇レポート 第176回

「笑顔・元気・あいさつ」
〜法人の根幹を受け継ぐ〜

社会福祉法人隼人会
理事長
根岸 節子 


■社会福祉法人隼人会の紹介
 埼玉県行田市に本部を置く社会福祉法人隼人会は、行田のほか県内3か所(さいたま市岩槻区、鴻巣市、春日部市)に特別養護老人ホームを設置運営しています。行田以外の3か所は特別養護老人ホーム、ショートステイサービス、デイサービス、居宅介護支援を基本として介護保険サービスを提供しています。行田は前述の4事業に加えて、ケアハウス、ホームヘルプサービス、市からの委託事業である地域包括支援センターを運営しています。そのほか岩槻は在宅介護支援センターを受諾し、区内の地域包括と連携して担当地域を回っています。職員の平均年齢は44・9歳で、高齢者を含めたワークシェアリングが進み、現在では560名が仲間となっています。

詳しく見る

【2019年11月号】接遇レポート 第175回

【2019年11月号】接遇レポート 第175回

『ひとりぼっちにさせない寄り添う看護を』
〜不安な気持ちを払拭させるために寄り添う心を大事にしていこう〜


■当院の紹介
 筑紫南ケ丘病院(以下、当院)は、1988年に設立され、今年で31年目を迎えます。当院のある大野城市は人口10万人、福岡市から約10 卞遒涼淹臙楼茲砲△蠅泙后
 開設以来、慢性期病院として地域の急性期病院やクリニック、介護施設の後方支援病院という立ち位置ですが、一方では在宅復帰・離床に向けたリハビリ、さらに地域最大の地域包括ケア病棟としての役割も担っています。病床数250床(地域包括ケア病棟60床、在宅復帰強化病棟190床)を有し、職員数は約200人です。診療科目は内科とリハビリ科を中心に、外来診療は糖尿病専門外来と健診センターがあり、地域住民の特定健診や職域健診を行っています。入院診療の多くは長期慢性期の患者さまですが、自立を目指した離床プロジェクトをベースに、「生き生き笑顔で過ごせる入院生活」を病院全体の合言葉として、きめ細かな医療ケアを展開しています。
 また、在宅復帰をゴールとする地域包括ケア病棟では、入院患者さまのご家族の要望でもある「食べさせてあげたい」という思いなどに可能な限り応えるため、摂食・嚥下リハビリや転倒・骨折予防リハビリの実施等、職員一人ひとり、それぞれの専門性を活かして「患者様本位の先進的な高齢者医療」に従事しています。

詳しく見る
私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 コリドースクエア銀座7丁目2F TEL 03-6823-8700 FAX 03-6823-8701

フォームからのお問い合わせ