最新のイベント情報

過去のイベントレポート

医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

    HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

    会員情報の確認

    講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

    広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

    保健・医療・福祉サービス研究会 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8 TEL 03-5216-4531 FAX 03-3511-7610

    【Visionと戦略】ピックアップ記事

    私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
    深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

    深眼真眼

    【2020年5月号】外来医療で「資源重点活用外来」提案

    【2020年5月号】外来医療で「資源重点活用外来」提案

    新型コロナ流行で議論先送りも

     2月から外来医療機能の明確化の議論が本格化したが、新型コロナウイルス感染症の流行により局面が変わりつつある。これまでに、入院の前後に行われる外来や高額な医療機器などを必要とする外来を「医療資源を重点的に活用する外来」として明確化し、病床機能報告制度のように同外来をもつ医療機関と報告する仕組みを設けて機能分化を行う方針が示されたが、この議論の前提となる全世代型社会保障検討会議の最終報告自体が先送りされる可能性が出てきた。3月23日に開いた社会保障審議会医療部会では、結論を出すべきでないという意見が複数あがっており、議論は宙ぶらりんとなっている。

    詳しく見る

    【2020年4月号】救急救命士の役割拡大へ

    【2020年4月号】救急救命士の役割拡大へ

    業務移管拒む看護協会

     新型コロナウイルス感染症対応で、日夜を分かたず治療に携わっている皆様に心から御礼を申し上げます。国内でも新型コロナウイルス感染症患者が発生したことを受け、厚生労働省では省内に対策本部を設置。健康局や医政局のみならず多部局の職員が、さらには感染症の専門家が期日限定で集められ対策に当たっている。政府が大規模イベントの自粛を要請したことを受け、各種会議は中止・延期されている中、救急・災害医療提供体制等の在り方に関する検討会が3月4日、救急救命士の業務の場の拡大で議論を取りまとめた。この議論で見えてきたのは、日本看護協会が依然として他職種への業務移管を拒む姿だ。

    詳しく見る

    【2020年3月号】小粒な2020年度診療報酬改定―次期改定は定額払いテーマか

    【2020年3月号】小粒な2020年度診療報酬改定―次期改定は定額払いテーマか

     2月7日の中央社会保険医療協議会で2020年度診療報酬改定が答申された。今回は入院基本料の体系を大きく動かした18年度改定の調整という意味合いの小粒な改定。重症度、医療・看護必要度の該当患者割合の施設基準の見直しで公益裁定が行われたが、セレモニー感が拭えなかった。その中で、次期改定に向けて動き出しているのが病院の外来受診時定額負担の導入の議論だ。社会保障審議会で既に議論がスタートしており、今夏には大枠が定まる。医師の働き方改革関連の拡充に加え、制度設計によっては大きなテーマとなりそうだ。

    詳しく見る

    【2020年2月号】公立病院等の再検証、期限延期へ

    【2020年2月号】公立病院等の再検証、期限延期へ

    〜病床再編で支援続々〜

     予想通り、というべきか。公立病院・公的医療機関等の再検証要請期限が事実上、延期されることが2019年末に明らかになった。総務省と厚生労働省、地方三団体(全国知事会、全国市長会、全国町村会)が12月24日に開いた「地域医療確保に関する国と地方の協議の場」で、厚労省が方針を明らかにした。19年6月に閣議決定された経済財政運営と改革の基本方針2019(骨太の方針2019)で19年度中に対応方針見直しを求めると記載されているため延期と明記していないが、骨太方針2020に向けて工程表を具体化する方針。20年度予算案では、病床再編に向けた各種支援メニューを続々と打ち出しており、診療報酬を含めて経済誘導による再編を強化する。

    詳しく見る

    【2020年1月号】見えてきた次期通常国会の提出法案 ―改正医療法は提案なるか

    【2020年1月号】見えてきた次期通常国会の提出法案 ―改正医療法は提案なるか

     1月中にも開会する次期通常国会に政府が提出する法案の概要が明らかになってきた。本稿を書いている12月上旬時点では、介護保険法改正案で被保険者範囲の見直しや要介護1・2の軽度者に対する生活援助サービスの地域支援事業化といった大幅な見直しは行われない方針。医療法改正案は医師の時間外労働規制適用に向けた評価機能の創設などが盛り込まれる。ただ、7月の東京オリンピック・パラリンピック前に衆院選実施も囁かれている中、医療法改正案は提出自体が可能か微妙な情勢だ。

    詳しく見る

    【2019年12月号】「再編統合」スケジュール変更も―惑わされず立ち位置検討を

    【2019年12月号】「再編統合」スケジュール変更も―惑わされず立ち位置検討を

    厚生労働省が9月26日に公立・公的医療機関等の具体的対応方針の再検証対象として424病院を公表して1カ月。各地の報道はこの話題で持ちきりとなった。厚労省の幹部は全国行脚して陳謝を繰り返し、地域の医療関係者は地方軽視と糾弾する姿が各地で展開されてきた。公表手法については問題があるのは否めないが、ただ厚労省を批判するだけでよいのだろうか。
     「田舎に人は暮らすなと言うのに等しい」「地元住民に不安を与え、現場スタッフに動揺が広がっている」―。10月29日に都内で開かれた「地域医療構想に関する自治体等との意見交換会」(関東信越会場)では、厚労省の手法への批判や現場で動揺が広がる様子を訴える意見が相次ぎ、当初予定時間よりも30分オーバーして終えた。
     厚労省が具体的対応方針を再検証し、ダウンサイジングなどの再編統合を検討するよう求める公立病院・公的医療機関等を公表して以来、医政局は対応に追われる日々が続いた。10月4日に地方三団体との協議の場を設けたほか、10月17日から30日まで全国7ブロックで自治体などとの意見交換会を開いた。

    詳しく見る

    【2019年11月号】懲罰方式で医療改革は進むか

    【2019年11月号】懲罰方式で医療改革は進むか

    ― 公立病院等の再検証公表 ―

     厚生労働省が9月26日に公表した、公立病院・公的医療機関等(公立病院等)の具体的対応方針の再検証リストが話題となっている。高度急性期・急性期機能を持つ424病院に対応方針の再検証を求めるものだが、大手メディアが統廃合の対象と煽ったこともあり、「おらが村・町」の病院の存亡の危機と住民や議会などが反発。10月4日には国と全国知事会、市長会、町村会の地方三団体との間で「協議の場」を設ける事態にまでなった。
     2025年を目標とする地域医療構想を実現するため、公立病院等は25年時点の病床機能や病床数などを示す具体的対応方針を作成した。だが、昨年度末に策定した具体的対応方針は蓋を開けると、病床数や病床機能はほぼ変わらない「現状追認」型。そこで、地域医療構想に関するワーキンググループでは、具体的対応方針の再検証の手法を検討し、厚労省は再検証の対象となる病院の分析を進めていた。
     公表対象となるのは、近隣の民間病院を含めた分析の結果、高度急性期または急性期機能を持つゞ紊弔凌芭杜琉茲膿芭甜太咾とくに少ない病院∀擦弔凌芭杜琉茲念貭蠖以上の診療実績がある医療機関が複数あり、かつ双方の所在地が近接している―の公立病院等。この結果、沖縄を除く46都道府県の424病院が具体的対応方針の再検証が必要として、病院名や所在地を診療実績データとともに公表された。分析対象の公立病院等の29・1%が,△襪い廊△陵弖錣乏催したことになる。

    詳しく見る

    【2019年10月号】負担増メニューが目白押し -介護保険制度議論で

    【2019年10月号】負担増メニューが目白押し   -介護保険制度議論で

     前回の当欄で、地域包括ケア研究会が訪問介護の生活援助サービスの給付外への移行を提案する報告書を紹介したが、8月29日に開かれた社会保障審議会で出された検討事項はそれを上回る負担増メニューが目白押しだ。軽度者の生活援助の総合事業への移行はもちろん、被保険者範囲の見直しやケアプランの一部自己負担化などが挙がる。10月の消費増税でただでさえ国民の負担感が増す中、どこまで負担増を実現できるかが今後の焦点となる。

    詳しく見る

    【2019年9月号】訪問介護などの保険給付外への移行提言

    【2019年9月号】訪問介護などの保険給付外への移行提言

    ―制度改正に向け地域包括ケア研究会

     2021年度の介護保険制度見直しを検討している社会保障審議会介護保険部会が7月26日、第1ラウンドの議論を終えた。8月後半もしくは9月前半に個別テーマの具体的な議論に移る。その中で、ひとつ興味深い報告書を紹介したい。地域包括ケア研究会が厚生労働省の補助金事業で行った「2040年:多元的社会における地域包括ケアシステム」だ。同報告書では訪問介護など生活支援サービスの一部を介護保険給付外に移行することを提案している。

    詳しく見る

    【2019年8月号】サプライズの厚労省人事―誰になるか次期次官

    【2019年8月号】サプライズの厚労省人事―誰になるか次期次官

     「まさかと思った」「びっくりした」と職員も囁き合うのは7月9日発令の厚生労働省人事だ。当初、鈴木俊彦事務次官が辞職し、樽見英樹保険局長が昇格するとの噂が流れていた。ところが、蓋を開けてみると鈴木事務次官は留任したばかりか、樽見局長は医薬・生活衛生局長といわば格下ポストに異動したのだ。
     現在の鈴木事務次官は樽見局長と同じ昭和58年入省組で、次官就任後も卒ない対応が好評を博している。
     ところが、今年初めに発覚した毎月勤労統計調査の不正問題で厚労省のずさんな情報管理体制が明らかになり、前半の通常国会は統計問題で紛糾した。後半国会では厚労省の不手際ではないが、夫婦の老後資金で年金以外に2000万円が必要とした金融庁の審議会報告書の問題が飛び火し、参院選に向けた争点としたい野党への対応に追われた。結果的に、今国会で政府提案の厚労関係法案は薬機法以外の4件が成立したが、一時期は綱渡り状態であったのは確かだ。

    詳しく見る
    私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
    深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

    HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム) TEL 03-6228-5995 FAX 03-6228-5996

    フォームからのお問い合わせ