最新のイベント情報

過去のイベントレポート

医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

会員情報の確認

講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

保健・医療・福祉サービス研究会 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8 TEL 03-5216-4531 FAX 03-3511-7610

【Visionと戦略】ピックアップ記事

私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

私のVisionと経営戦略

【2020年1月号】外国人材の考え方や生活習慣多様性を理解し能力を活かす

【2020年1月号】外国人材の考え方や生活習慣多様性を理解し能力を活かす

社会福祉法人はぴねす福祉会
理事長 長野 文彦氏

超少子高齢社会の進展に伴い、我が国は深刻な人材不足に陥り、その影響は経済や地域社会に大きな影を落としている。その結果、国は慎重だった外国人労働者の受け入れ方針を大きく転換し、昨年4月に特定技能を創設。介護分野においても、多様な在留資格での受け入れが可能になってきた。そこで、令和2年最初の巻頭インタビューでは、全国に先駆けて、外国人介護人材の受け入れに積極的に取り組んできた社会福祉法人はぴねす福祉会理事長の長野文彦氏に、今後のビジョンと戦略について話を聞いた。

詳しく見る

【2019年12月号】全世代型社会保障への転換 現役世代の負担軽減が必要

【2019年12月号】全世代型社会保障への転換 現役世代の負担軽減が必要

財務省主計局 主計官
八幡 道典 氏

消費増税が一段落し、社会保障費の負担と給付のバランスの回復に向けて、財務省はこれから具体的な提案をしていくという。その骨格をなすのが社会保障制度の全世代型への転換である。介護保険制度創設時に厚生労働省に出向し、その後も厚生労働行政担当主査を務めた八幡道典氏は、今年7月に主計官に就任し、厚生労働行政を担当。財政面から社会保障制度改革の道筋をどう描いているのか。見解を尋ねた。

詳しく見る

【2019年11月号】ICTを活用した新システムで 時代を変え医療崩壊を防ぐ

【2019年11月号】ICTを活用した新システムで 時代を変え医療崩壊を防ぐ

医療法人芙蓉会 代表
一般社団法人日本遠隔医療介護協会 理事長
前田 俊輔 氏

 医療におけるAIの活用や遠隔医療の導入、臨床におけるICTの活用とその普及による医療や介護の質や効率化の向上は、人口減少による人材不足が加速化する我が国において、喫緊の課題となっている。そこで今月の巻頭インタビューでは、厚生労働科学研究などで検証が進む「バイタルスコアリング法」をコアテクノロジーとした遠隔健康管理システム「安診ネット」シリーズを開発した医療法人芙蓉会の代表で、日本遠隔医療介護協会の理事長を務める前田俊輔氏に、医療・介護分野における遠隔医療やAI、ICTの将来を見据えた、今後のビジョンについて話を聞いた。

詳しく見る

【2019年10月号】診療報酬改定の新たな要素に働き方改革と先端技術の反映

【2019年10月号】診療報酬改定の新たな要素に働き方改革と先端技術の反映

厚生労働省 保険局 医療課長
森光 敬子 氏

中央社会保険医療協議会で2020年度診療報酬改定の議論が第一ラウンドを終えた。今回改定では新たな検討課題に、医師の働き方改革と先端技術の導入が加わる。医療需要と医療資源の地域格差が拡大していく過程で、報酬体系をどう組み立てていくのか。今秋から始まる中央社会保険医療許議会の第二ラウンドの見通しを含めて、厚労省保険局医療課長の森光敬子氏に尋ねた。

詳しく見る

【2019年9月号】医師の留学先は日本がよい 医学とおもてなしを学べる

【2019年9月号】医師の留学先は日本がよい 医学とおもてなしを学べる

駐日モンゴル国大使館
特命全権大使
ダンバダルジャー・バッチジャルガル 氏

1990年の民主化を機に、モンゴルは日本からのODA(政府開発援助)で様々なインフラ投資を行ってきたが、今後は互恵的な経済関係に向かうという。技能実習制度では送り出し国として日本に人材を送り出し、特定技能でも二国間協定を結ばれ、第一回の特定技能試験が11月に予定されている。そこで駐日モンゴル国大使館 特命全権大使のダンバダルジャー・バッチジャルガル氏に、対日関係の成果と課題を尋ねた。

詳しく見る

【2019年8月号】医学的根拠のある リハビリテーション提供へ 教育・研修を強化していく

【2019年8月号】医学的根拠のある リハビリテーション提供へ 教育・研修を強化していく

一般社団法人 全国デイ・ケア協会
会長
近藤 国嗣 氏

リハビリテーションはたんなる機能訓練から活動向上と社会参加に資する方向へと舵を切った。次の主な課題は医師の関与強化を含め、医学的根拠のあるリハビリをいかにして提供していくか。全国デイ・ケア協会の新会長に就任した近藤国嗣氏(東京湾岸リハビリテーション病院院長)に、リハビリ提供体制の問題点や改革の流れを尋ねた。

詳しく見る

【2019年7月号】加速するAI技術と「医療の未来」 そこで問われる医療の役割

【2019年7月号】加速するAI技術と「医療の未来」 そこで問われる医療の役割

アイリス株式会社 代表取締役
医師
沖山 翔 氏

5月1日新天皇の即位に伴い「令和時代」がスタートした。全国民が明仁上皇に労いと感謝をお伝えすると共に、徳仁新天皇の即位にお祝いの言葉を贈り、「令和」の幕開けを祝った。日本の天皇家は、世界の王族の中でも2000年以上の歴史を有し、その品格の高さも世界が評価するなど、正に国民の誇りである。そこで、『Visionと戦略』7月号の巻頭インタビューでは、医療・福祉業界でも関心事である「令和」がどのような時代になるのかについて、医師でありAI(人工知能)技術を活用して医療業務を支援するアイリス株式会社 代表取締役である沖山翔氏に、「令和時代」の医療におけるビジョンと戦略について話を聞いた。

詳しく見る

【2019年6月号】今も現場に身を置きながら 台湾の介護イノベーションをけん引

【2019年6月号】今も現場に身を置きながら 台湾の介護イノベーションをけん引

台中市 前副市長 
林 依 瑩 (リン イイン)氏

 台湾では少子高齢化により介護を必要とする人口が増加する一方で、家庭での介護力低下が大きな社会問題となっている。これに対して台湾中央政府は長期的な介護需要や在宅介護の負担軽減を目的に、2017年1月から「長期介護十年計画2.0(2017〜2026年)」を開始。長期介護のサービス体系構築を進めている。
 そこで今回は、2016年に林佳龍台中市長の強い要請により副市長に就任。介護政策の実用性を唱え、一般市民が気軽に介護相談に訪れることができる『介護カフェ』を一気に普及させることで、台中における地域包括ケアシステムの基礎となる地域包括支援センター網を構築するなど、介護政策について優れた業績を示した台中市前副市長の林依瑩氏に話を伺った。

詳しく見る

【2019年5月号】ベトナムの介護技能実習生は 出稼ぎでなくキャリア形成を志向

【2019年5月号】ベトナムの介護技能実習生は 出稼ぎでなくキャリア形成を志向

仁愛国際株式会社
代表取締役会長 兼 代表取締役社長
グエン・ティ・キム・タイン 氏

昨年12月に外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法が成立した。新設する在留資格「特定技能1号」の約半数は、技能実習生から移行する見込みだという。技能実習生の最大送り出し国であるベトナムで技能実習生の送り出し、介護人材教育、老人ホーム運営の3つのライセンスを取得したベトナム唯一の会社である仁愛国際株式会社は、2006年10月に設立され、2013年からは台湾への介護人材の教育をスタートさせた。代表取締役会長のグエン・ティ・キム・タイン氏に、ベトナムの看護学校卒業生のベトナム国内での就労状況、日本での就労ニーズについてベトナム首都ハノイで話を伺った。

詳しく見る

【2019年4月号】元F1ドライバーが医療福祉に転身 客観的なものさしでサービスの質向上

【2019年4月号】元F1ドライバーが医療福祉に転身 客観的なものさしでサービスの質向上

医療法人・社会福祉法人さわらびグループ
CEO / DEO
山本 左近 氏

先進的な医療福祉事業者は、厚生労働省の政策に追従するのでなく、みずからの世界観と時代認識で事業に取り組んでいる。1962年開業の愛知県豊橋市のさわらび会も、そのひとつ。1978年に「福祉村」の建設を始め、40年前から地域共生社会を運営している。外国人材活用にも積極的で、10年前からEPAで看護師候補生と介護福祉士候補生を受け入れ、その数は総勢90名。新年度は外国人技能実習生と留学生を各10名受け入れる。2代目経営者の山本左近氏は元F1ドライバーの経歴を持ち、今年7月の参議院議員選挙への出馬を表明した。

詳しく見る
私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム) TEL 03-6228-5995 FAX 03-6228-5996

フォームからのお問い合わせ