最新のイベント情報

過去のイベントレポート

医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

会員情報の確認

講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

保健・医療・福祉サービス研究会 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8 TEL 03-5216-4531 FAX 03-3511-7610

【Visionと戦略】ピックアップ記事

私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

連載

【2022年6月号】活躍する事務長・経営幹部リレー第15回

【2022年6月号】活躍する事務長・経営幹部リレー第15回

2040年多元的社会に向けてシフトチェンジ!

医療法人篠原会
甲府脳神経外科病院附属
山梨PET画像診断クリニック 事務長
白石 修

■法人の概要
 医療法人篠原会甲府脳神経外科病院(70床 急性期一般入院料4)は1984年1月に山梨県内では初の脳神経外科専門病院として甲府市東部に開院しました。当時はまだ脳卒中が日本人の死因トップの時代です。高血圧などの危険因子を抱えた多くの患者さんが外来を受診され、また救急搬送が連日のように列をなして、昼夜を問わず緊急手術を行っていました。

詳しく見る

【2022年6月号】世古口務氏連載 第3回

【2022年6月号】世古口務氏連載 第3回

公立病院における
経常収支比率、医業収支比率とは?


 今回より、総務省から毎年公表(例年2〜3月頃)されている公立病院における「病院経営分析比較表」の中に登場する経営指標について説明いたします。今回は経常収支比率と医業収支比率です。

詳しく見る

【2022年6月号】リハビリ部門リレー連載 第3回

【2022年6月号】リハビリ部門リレー連載 第3回

2021年度
介護報酬改定から一年を経て


一般社団法人全国デイ・ケア協会 会長
医療法人社団保健会 東京湾岸リハビリテーション病院 院長
近藤 国嗣

 2021年介護報酬改定が施行されてから約一年の月日が経過した。今改定では旧リハビリテーションマネジメント加算気隆靄槓鷭群修箍奮愿介護情報システム(以下、LIFE)の登場など、リハビリテーションの観点からは自立支援・重度化防止を推進する内容が多く組み込まれていた。そこで、この一年を振り返り、介護保険下におけるリハビリテーションの進むべき道を考えていきたい。

詳しく見る

【2022年6月号】小濱道博氏連載 第74回

【2022年6月号】小濱道博氏連載 第74回

令和6年介護保険法改正審議、
財務省から衝撃の規模拡大策


 3月24日に社会保障審議会介護保険部会が開催され、令和6年度介護保険法改正のための審議がスタートした。このあと、12月頃まで審議が行われて、年内に「介護保険制度の見直しに関する意見」が取り纏められる。その後、1月中旬から開かれる通常国会に、改正介護保険法案(仮称)が提出されて、6月までには成立の見込となる。その後、社会保障審議会介護給付費分科会で、令和6年度介護報酬改定の審議が行われ、来年12月には「介護報酬改定に関する審議報告」が取りまとめられ、令和6年度介護報酬改定の改定率が示されることとなる。令和6年度制度改正に向けての動きが加速する。

詳しく見る

【2022年6月号】鈴木真一氏連載 第3回

【2022年6月号】鈴木真一氏連載 第3回

人事戦略で見直すべき
人材育成の考え方


人材育成できる
組織(土台)作り

各法人で人事戦略として先ず検討されるのは、外に向けた「人材確保」活動の選択がおそらく多いものと思われます。しかし採用の営業がいくら強くても、職員が定着できずに流出を繰り返す状態であれば現状維持すら危ぶまれると前回ご説明しました。また小手先の手法で職員の働きやすさ(満足度)のみを満たせて人材確保が成功しても、確保した職員が経営効果を生み出さずに滞留すれば経営は回っていきません。

詳しく見る

【2022年6月号】Nバク氏連載 第3回

【2022年6月号】Nバク氏連載 第3回

上司の役割を引き出す
ボスマネジメントの極意


■本当に優秀な人はやっている
 ボスマネジメント

 一般的に組織におけるマネジメントは、後輩や部下に対して行います。たとえばチームマネジメントとは、組織や個人の目標を達成するためにメンバーが動きやすくなるように働きかけたり、仕組みを作ったりして、メンバー一人ひとりが最大の力を発揮できるチームへと導くことを指します。

詳しく見る

【2022年5月号】活躍する事務長・経営幹部リレー第14回

【2022年5月号】活躍する事務長・経営幹部リレー第14回

19回目の診療報酬改定への軌跡

医療法人笠寺病院
事務長・常務理事
鈴木 学

とうとうオミクロンの
餌食に、クラスター発生!

 2月9日の答申の日に、入院患者19人のクラスターを出してしまいました。無症状の転院患者からの発症です。その直後の3連休を何とかやりくりし、2月14日に2月22日までの外来診療を中止としました。2月24日から外来再開、3月1日から病棟も正常に戻りました。
 外来診療を中止せざるを得なかった理由は、子供が通う小学校が休校となり親が仕事に来られない職員が10人ほどいたこと。また、クラスターとは関係ない感染で陽性となった職員が7人、濃厚接触者が4人いました。全職員の約1割が勤務できない状況で業務が回らなくなっていました。

詳しく見る

【2022年5月号】世古口務氏連載 第2回

【2022年5月号】世古口務氏連載 第2回

病院経営における
「黒字」、「赤字」とは?
―公立病院の「黒字」には注意が必要!


 今回は病院経営における「黒字」、「赤字」について考えてみましょう。その前に、現在の組織形態別の病院数を把握しておきましょう。令和元年度の公営企業年鑑によれば、国立系では、厚生労働省関係14病院、独立行政法人・国立病院機構関係141病院、その他167病院の計322病院で、地方公共団体系では、都道府県関係198病院、市町村関係612病院、地方独立行政法人関係108病院の計918病院、公的医療機関系としては、日本赤十字社関係91病院、済生会関係81病院、厚生連関係105病院、その他7病院で合計284病院、医療法人5720病院、その他1056病院の総計8300病院であります。今後いろいろな統計資料を検討する場合に、どの組織母体の数値であるかが必要となりますので、頭に入れておくといいでしょう。

詳しく見る

【2022年5月号】リハビリ部門リレー連載 第2回

【2022年5月号】リハビリ部門リレー連載 第2回

錦海リハビリテーション病院における
リハビリの取り組み【その2】


社会福祉法人こうほうえん
錦海リハビリテーション病院 病院長
角田 賢

2022年診療報酬改定における、回復期リハビリテーション病棟(以下、回復期リハ病棟)に関連する主な改定項目のうち、前回は第3者評価について述べましたが、今回は重症患者割合増とその影響について考えてみたいと思います。

詳しく見る

【2022年5月号】小濱道博氏連載 第73回

【2022年5月号】小濱道博氏連載 第73回

実地指導から運営指導へ変更、
内部監査システムの構築が急務に

 
2022年度に向けて、実地指導の見直しが行われる。従来の実地指導の名称を、「運営指導」と変更して、_雜逎機璽咼垢亮損楙況指導 ∈把禊霆狹運営体制指導 J鷭契禅畛愼海中核となる。その実施頻度は、原則、在宅サービスは、指定等の有効期間(6年)内に少なくとも1回以上実施し、施設サービス・居住系サービスについては、3年に1回以上の頻度とする。この辺りは、現在の実施指導とあまり変わらない。3年目となるコロナ禍において、地域で感染者が拡大すると指導が延期又は中止となっている。感染者が落ち着いた時点で2時間程度の指導を行い、一日に2件以上の指導を実施するパターンが一般化した。実際に実施指導が予定されていた介護施設が、実施の前日に連絡が入って延期となっている。次回の日程は、文書ではなく、電話で通知するとされた。感染が落ち着いたら、即日で指導が実施されることが想定されるため、常に準備をしておかなければならない。

詳しく見る
私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム) TEL 03-6228-5995 FAX 03-6228-5996

フォームからのお問い合わせ