最新のイベント情報

過去のイベントレポート

医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

会員情報の確認

講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

保健・医療・福祉サービス研究会 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8 TEL 03-5216-4531 FAX 03-3511-7610

【Visionと戦略】ピックアップ記事

私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

連載

【2021年5月号】小濱道博氏連載 第61回

【2021年5月号】小濱道博氏連載 第61回

全サービスに
義務化されたものに


 3月後半に矢継ぎ早にQ&Aが発出され、既存の加算の算定要件も新たな解釈が示されている。しかし、4月に入っても不明な部分が多く存在し、業務に支障をきたしていることも多い。4月1日から稼働のLIFEデータベースが当初からシステム障害で利用出来ない状態が続いた。記録ソフトの開発も遅れて、納品が初夏となるケースも後を絶たない。居宅介護支援事業所向けの給付管理ソフトも同様で、コロナ特例の0.1%措置の対応が遅れた。新たな運営基準減算の対象となっている前6ヶ月のサービスの位置づけの割合を算出して利用者に文書の交付や口頭説明も給付管理ソフトでの対応が遅れていて、手作業での集計を強いられている事業所も多い。介護保険法施行20年目の節目で、新たな20年への船出となる介護報酬改定は前途多難を思わせる船出となっている。今回の令和3年度介護報酬改定で全サービスに義務化されたものに、感染症対策、業務継続計画(BCP)、高齢者虐待対策の3つがある。これらは3年間の経過措置が設けられた。さらに、ハラスメント対策も義務化された。介護施設が参加するディスカッションを開催したとき、4施設ほどの経営者がBCPは着手しているが完成に至っていないと述べた。その理由として、自分たちの地域は深刻な災害に直面したことが無く、危機感が実感出来ないと言う。だから進まないのだと。

詳しく見る

【2021年5月号】川畑誠志氏連載 第2回

【2021年5月号】川畑誠志氏連載 第2回

医療・介護事業者が
注目すべき、
障害福祉事業の近未来


 4月から実施された障がい福祉事業の報酬改定は、今後の方向性をわかりやすく示す内容となった。医療・介護事業者にとって、地域共生社会実現のためのサービス網構築に不可欠な障がい福祉事業。今回は、その将来像を理解し、地域ニーズにマッチした事業展開を考える。

■発達・軽度知的
 障がい者向けサービス

 この対象者に向けた放課後デイやグループホーム等の事業所は、近年大幅に増加した。理由は対象者数が多く、今後も増加傾向にあるからだ。事業開始時の利用者獲得が比較的容易で、参入しやすい。特に最近は、この分野への異業種参入を促す情報発信が多くなされ、注目を集めている。
 しかし今後の方向性は、手厚い支援の継続ではなく、就労支援を中心にして、社会的自立に導くことだ。今回の報酬改定でも、就労移行支援、就労継続支援の各事業は、支援実績に応じた報酬の方向性が顕著となった。
 ご承知の通り、放課後デイなど、全国にサービスが行き渡った事業では、人員基準の厳格化などが実施され始めた。サービス量の供給フェーズから、サービス質専門化のフェーズへと移っている。
 今後の報酬改定でも、就労への支援策を強化しながら、福祉的ケアは効率化・適正化が進んでいく。

詳しく見る

【2021年4月号】活躍する事務長・経営幹部リレー 第1回

【2021年4月号】活躍する事務長・経営幹部リレー 第1回

教育こそが未来へのパスポート

株式会社アイズケア
専務取締役
野村 隆裕

■住み慣れた街を愛する人に
「安心」と「耀き」を提供する

 株式会社アイズケアは、滋賀県彦根市において「介護のワンストップサービス」を目指し、グループ法人である社会福祉法人喜創会とともに、18事業所を展開しています。私たちが運営する介護事業所は、そのほとんどが地域密着型の介護サービスで、必要な介護の状況が変化しても、法人グループ内の事業所で、その人の状況に合わせた最適なケアをワンストップで提供する事が可能です。

■私が福祉業界に携わること
 になったきっかけ

 アイズケアに入社する前はインフラ業界で働いていた私が、この業界に携わるようになったきっかけは妻との結婚でした。結婚後しばらく経った頃、義父である社長に食事に誘われました。そこでこれからの仕事のことや義父の気持ちを聞く中で、「アイズケアを手伝ってみないか?」との言葉に、家族の幸せを願う私は断る理由はなく入社することになりました。9年前のあの日が私の福祉人生の始まりでした。

詳しく見る

【2021年4月号】藤井将志氏連載 第1回

【2021年4月号】藤井将志氏連載 第1回

スゴイことじゃなくて
当たり前なことを
積み重ねるのが経営


 ご縁があり本誌に連載を書かせていただくことになりました。初稿にあたり、そもそも谷田(やつだ)病院がどんな病院なのか、筆者がどんな経歴なのか、をお伝えします。結論からいうと、全然すごい病院じゃなく、単なる普通の事務部長である、ことを説明します。雑誌やセミナーなどで取り上げられる病院の取り組みは、とても立派に見える事例が多く、あの病院だからできるんだよな、あの人がいるからできるんだよな、という結論に至ってしまいがちです。何かを発信しようと思うと、どうしても爐任なかった瓩海箸茲蝓↓爐任た結果瓩鯏舛┐覽_颪砲覆辰討靴泙いちです。本当はそこに到達するまでに、たくさんの泥臭い出来事や、乗り越えてきた壁が無数にあるはずですが、なかなかそこは伝わりません。せっかく連載の機会をいただいたので、そうした泥臭い過程や、うまくいかなかったこともきちんとお伝えし、読者の病院経営の現場で参考になるような内容に育てていけたらと思っています。

詳しく見る

【2021年4月号】甘利秋月氏連載 第1回

【2021年4月号】甘利秋月氏連載 第1回

報酬改定に
一喜一憂する前に


〜地域ニーズの理解と自己満足ゾーンからの脱却〜

令和3年度介護報酬改定が
一区切り

 令和3年度の介護報酬改定が終わり、いよいよ各事業所においては具体的な対応を進めていくことになる。診療報酬・介護報酬・障害福祉サービス等報酬など、国から示されるルールは定期的に改定が行われていくものではあるが、現場での新しい取り組みの推進や、ムダ・ムリ・ムラを排除する業務の見直しは、報酬改定の時期であろうが、落ち着いている平時であろうが、昨今のコロナ渦であろうが常に行われていく。これら現場サービスの質の向上への取り組みにおいて常に念頭に置いておかなければならないのは、報酬改定の時期等に応じた国からのメッセージを十分に理解することも当然ではあるが、やはり地域のニーズや特性を踏まえた「地に足のついたサービスの追求」だと筆者は考える。
 例えば、報酬に新しい加算が生まれたからといっても、それが国からのメッセージということで、闇雲にそういった新規加算に飛びつく行為は正義とは言えない。もちろんそれぞれの加算には、科学的分析や将来の見通しを鑑みた配慮がなされ、日本全体の取り組むべき方向性のヒントが詰まっている。しかし、それらも地域や各事業所によって万人受けする魔法の杖ではない。つまり、都度見直される国からの指針や新規加算の設立などを踏まえつつも、地域のニーズや各事業所を利用する患者や利用者の特性にサービス内容が合致していなければ、それは地域において目指すべきベクトルとずれたものになってしまう恐れがあるのだ。誤解を恐れずに言えば、筆者はこのベクトルがずれてしまった状態を「自己満足ゾーンに入っている」と表現している。
 長期にわたり地域から愛され親しまれるサービスを継続的に提供するためには、報酬改定の動向を血眼になって追いかけていくのではなく、地域と足並み・ベクトルをそろえたサービスの提供、すなわち「地に足のついたサービスの追求」を、常に念頭に置いておくことが基本であると考える。

詳しく見る

【2021年4月号】小濱道博氏連載 第60回

【2021年4月号】小濱道博氏連載 第60回

LIFEの活用が今後の事業運営の
分岐点となる


お気づきだろうか。令和3年度介護報酬改定において、リハビリテーション・機能訓練、口腔ケア、栄養改善に関連する新設の加算のすべてにLIFEデータベースへの提出と活用が算定要件に組み込まれた。新設の加算では算定要件として位置づけられ、既存の加算についても漏れなく算定区分が設けられた。すなわち、LIFEへの提出と活用が、今後の加算算定には必須となってくる。今後新設される加算はLIFEを活用しないと算定出来なくなる可能性が高い。既存の加算についても次回改定では算定要件に組み込まれる可能性も捨てきれない。現に、既存の加算であるADL維持等加算、褥瘡マネジメント加算、排泄支援加算では算定要件となった。そして、LIFEというエビデンスが確立することのメリットも大きい。今までは全国標準のエビデンスが無かったために、自分たちの提供する介護サービスの評価が主観的で比較対象が無く、その施設、事業所の言い分を受け入れるしか無かった。LIFEが軌道に乗ると、全国標準の比較対象が出来る。それによって介護サービスの評価の標準化が進む事が期待出来る。利用者、家族も優良なサービスを提供する施設、事業所を選ぶことが出来るし、標準に届かないサービスを提供する施設、事業所は淘汰されていくだろう。

詳しく見る

【2021年4月号】榊原宏昌氏連載 第27回

【2021年4月号】榊原宏昌氏連載 第27回

改めて考える「公正中立」とは
〜連載最終回に寄せて、居宅介護支援の最重要テーマを再考します〜

 今回は、居宅介護支援事業所のケアマネジャーにとって最重要テーマの1つである「公正中立」について、改めて考えを深めてみたいと思います。
 そもそも、なぜ「公正中立」が必要とされるかと言えば、七訂介護支援専門員実務研修テキスト(一般財団法人長寿社会開発センター)によると、「介護保険制度では、行政がサービス内容を指定する措置ではなく、利用者がサービスを選べるようになりました。しかし、この自由競争の中で利用者が不利益を被らないようにするため、公正中立が欠かせない要件となっています」とあります。
 そのため、これまでの介護保険制度改正や介護報酬改定においても、様々な仕組みが導入されてきました。それは、特定事業所集中減算であったり、「利用者は複数の指定居宅サービス事業者等の紹介を求めることや、居宅サービス計画原案に位置付けた指定居宅サービス事業者等の選定理由の説明を求めることができる」といった内容についての説明義務、そして、今般の2021年介護報酬改定では、前6カ月間のケアプランの状況(特定のサービスや事業所への集中割合等)について利用者に説明を行うとともに、介護サービス情報公表制度において公表すること、さらにサービス付き高齢者向け住宅等に居住する者のケアプランについては、区分支給限度基準額の利用割合が高い者が多い場合に、ケアプランを作成する居宅介護支援事業者を事業所単位で抽出して点検・検証を行う、といったことが規定されました。
 ただ、これらの目的である「公正中立」の意味については、振り返られることが少ないように感じますので、改めて考えてみたいと思います。

詳しく見る

【2021年4月号】川畑誠志氏連載 第119回

【2021年4月号】川畑誠志氏連載 第119回

 皆様初めまして。今号から貴重な紙面を頂戴することになりました。介護・障害事業経営幹部の皆様へ、将来に向けた戦略を考えるヒントとなる情報や考察をお届けできるよう努めてまいります。どうぞよろしくお願いします。今回は特に幅広い話題を盛り込みます。抽象的な内容が多くなることをご容赦ください。

■報酬改定のポイント
 今年は、介護保険及び障がい者支援制度の報酬改定の年。皆様は今まさに、その対応を急いでいると思う。私自身も福祉事業経営者の一人として、知恵を捻る日々である。
 皆様は報酬改定にあたり、どのような情報を収集されているであろうか?私は「緊急度」と「重要度」の2つのポイントから見る。
 緊急度とは、改定になった報酬制度にどう対応し、いかにスムーズに収益を確保していくか。次の改定まで36ヶ月しかない訳だから、1ヶ月でも早く対応することが大切である。
 ただ経営者として、最も大切と考えているのは重要度の視点。今回の改定内容の方向性は、3〜6年前から議論されて形になったもの。決して突如として現れた変化ではない。であれば、今回の改定に向けた議論の中で何が話され、将来に向けてどのような方向性が示されたかを知ることで、3〜6年後の未来を見通すことができる。長期的な視点で方向性を見通すことができれば、自法人を今後どの方向に導くことが正しいのかが見えてくる。

詳しく見る

【2021年3月号】井上貴裕氏連載 第121回

【2021年3月号】井上貴裕氏連載 第121回

病院経営を成功に導くために
〜緊張感と前向きさを持続する組織文化を〜

2011年3月から10年にわたる連載を終えるにあたって、今までの内容を振り返りながら、病院経営を成功に導くための未来への処方箋についてのまとめを行う。
 まず念頭に置くべきことが、病院経営は営利企業とは異なり、利益を出すことが究極の目的ではなく、社会に貢献し、地域を支えることに存在価値があり、それを前提にした経営方針を常に心掛けることだ。
 とはいえ一定の利益がなければ、継続的な投資を行うことができないし、事業継続すら困難になり兼ねない。ただ、そこで働く医療職は決してお金のために働いているわけではなく、患者のため、そして自らの成長のために仕事をしていることを経営層は忘れてはならない。そのことを肝に銘じた上で、まずはビジョンに基づいたポジショニングの確立を優先すべきである。

詳しく見る

【2021年3月号】三好 貴之氏連載 第104回

【2021年3月号】三好 貴之氏連載 第104回

2021年度介護報酬改定は、科学的介護の始まり
〜データ提出、フィードバックのLIFEに取り組むべき理由〜

2021年1月18日に2021年介護報酬改定の答申が行われ、改定項目が明らかになった。今回はコロナ禍での改定であるため、改定率は、+0・70%とプラス改定となり、その一丁目一番地には、「1.感染症や災害への対応力強化」となった。これにより、ほぼすべての介護サービスの基本サービス費はプラスになっている。さらに、2021年9月末まで基本サービス費に0.1%の上乗せや、利用者が5%減少した場合の3%の上乗せ補償などが盛り込まれた。そして、「2.地域包括ケアシステムの推進」は従来通りとして、新たに「3.自立支援、重度化予防の推進」が盛り込まれたのが今回の改定の特徴だ。

リハ・機能訓練、口腔、栄養にLIFEを導入
 自立支援、重度化予防の推進として改定項目に盛り込まれたのは、「リハビリテーション・機能訓練、口腔、栄養の取組の連携・強化」である。リハビリテーション・機能訓練、口腔、栄養に関しては、これまでの改定でも強化されてきた部分であるが、これを一体的に取り組んでいこうということである。つまり、自立支援、重度化予防の推進は、具体的には「リハビリテーション・機能訓練」「口腔」「栄養」の3つであると言える。そして、これからはこれらを有機的に連携させていきながら多職種にて進めていくこととなる。
 さらに、これらの取組には、従来のVISIT、CHASEを
統合した新たなデータベースとなる「LIFE」の導入が前提となる。もし、LIFEを導入しない場合は、これらの加算部分がマイナスとなるものも多く、事業者としては、やらざるを得ない状況であろう。また、通所リハビリのリハビリマネジメント加算のように、LIFEを導入しても加算部分はマイナスとなり、基本サービス費のプラス部分を合わせて±ゼロといったものもある。

詳しく見る
私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム) TEL 03-6228-5995 FAX 03-6228-5996

フォームからのお問い合わせ