最新のイベント情報

過去のイベントレポート

医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

会員情報の確認 HMSブログ

講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

HMSブログ

保健・医療・福祉サービス研究会 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8 TEL 03-5216-4531 FAX 03-3511-7610

【Visionと戦略】ピックアップ記事

私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

医療福祉最前線

【2018年8月号】地域が求めたサ高住、別邸は高級旅館の佇まい■社会福祉法人あかね

【2018年8月号】地域が求めたサ高住、別邸は高級旅館の佇まい■社会福祉法人あかね

■社会福祉法人あかね――兵庫県尼崎市


今年4月、1棟のサービス付き高齢者向け住宅がオープンした。一般的なサ高住とは一線を画すその施設の名前は「ヴィラ櫟(つるばみ)別邸 玻璃(はり)」。社会福祉法人あかねが展開する「ヴィラ」ブランドの5棟目にあたる。高級旅館を思わせる外観・内装と、住空間を充実させるサービスにより、入居希望者が続出している。

詳しく見る

【2018年7月号】病院・サ高住・店舗の複合施設を開設■八千代会グループ

【2018年7月号】病院・サ高住・店舗の複合施設を開設■八千代会グループ

■八千代会グループ――広島市安佐南区

地域医療構想と地域包括ケアシステムの実現に向けて、広島県安芸高田市に位置する八千代病院(511床)から、広島市安佐南区に新たなグループの中核拠点として病床移転し、病院(199床)、サービス付き高齢者向け住宅(204戸)の他、メリィ・メディカルフィットネス、店舗などが入る複合施設「メリィホスピタル・メリィデイズ」が2018年春、完成した。医療介護の制度報酬改革や建築費高騰の中、将来を見据え重大な決断と事業を積極果敢に進める八千代会グループの新たな事業構想と経営戦略を伺うため、現地を訪問した。

詳しく見る

【2018年6月号】医療・福祉複合体でワンストップサービス ■フェニックスグループ

【2018年6月号】医療・福祉複合体でワンストップサービス ■フェニックスグループ

■フェニックスグループ――岐阜県各務原市

牋緡邸Σ雜遒砲茲覲垢鼎り瓩箸いΦ掴世理念先行で具体性に乏しいのは、その関係性が明確に整理されていないからだ。しかし、この通弊を克服した医療・福祉複合体がある。岐阜県各務原市に拠点を置くフェニックスグループである。有床診療所からスタートして30年。グループの地域での取り組みを取材した。

詳しく見る

【2018年5月号】保険外の脳梗塞後遺症リハを多店舗展開■株式会社ワイズ

【2018年5月号】保険外の脳梗塞後遺症リハを多店舗展開■株式会社ワイズ

■株式会社ワイズ――東京都中央区


医療保険は日数に制限、介護保険は維持がメイン――社会保障制度の制約から供給量が圧倒的に不足している領域に、脳血管疾患後遺症リハビリテーションがある。この領域でのサービス提供に保険外で取り組むワイズ。事業を開始した途端、利用者が急増して店舗数も拡大した。当初は静観していた医療・介護業界も、認識を一変させたという。

詳しく見る

【2018年4月号】 日本に誇る地域密着型で2025年モデルを構築 ■社会福祉法人協同福祉会

【2018年4月号】 日本に誇る地域密着型で2025年モデルを構築 ■社会福祉法人協同福祉会

■社会福祉法人 協同福祉法会―奈良県大和郡山市

協同福祉会が小規模多機能、看護小規模多機能、定期巡回を多面的に展開できているのは、母体が生活協同組合であることに由来するのかもしれない。生協に蓄積された地域ニーズ把握力が地域密着型サービスの展開に反映され、行政の指針を待つまでもなく、2025年以降も見据えて先行的に事業を展開している。奈良県大和郡山市を訪問し取材した。

詳しく見る

【2018年3月号】 地域とともに96年、東京世田谷で新展開 ■青藍会グループ

【2018年3月号】 地域とともに96年、東京世田谷で新展開 ■青藍会グループ

■青藍会グループ――山口県山口市・東京都世田谷区

「治す」と「自立支援を基本にして支える」という方針でヘルスケアの理想形を追い求めている青藍会グループ。その実践が始まったのは1922年(大正12年)である。時代によって変化する医療・福祉ニーズに応え続け、医療・介護・福祉(子ども・障がい)の総合支援体制を固めた。青藍会に訪問し、経営トップや経営幹部に現況を聞いた。

詳しく見る

2017年6月号 “ごちゃまぜ”で再生する地域力―社会福祉法人佛子園(石川県金沢市)

2017年6月号 “ごちゃまぜ”で再生する地域力―社会福祉法人佛子園(石川県金沢市)

全国から見学者が相次ぐ「シェア金沢」は日本版CCRC エリア型の福祉サービス拠点の成功モデルだが、運営主体の佛子園は、新たにタウン型の福祉サービス拠点を開設した。
公益社団法人青年海外協力協会と連携協定して「輪島KABULETⓇ」を開設したのだ。

さらに同協会と連携して、タウン型モデルを全国数カ所で展開し始めている。理事長の雄谷良成氏が重視するのは事業の持続可能性で、その鍵を握るのは「ごちゃまぜ」というコンセプトである。

詳しく見る

2016年5月号 都心の回復期リハ病床不足を救う−巨樹の会 原宿リハビリテーション病院(東京都渋谷区)

2016年5月号 都心の回復期リハ病床不足を救う−巨樹の会 原宿リハビリテーション病院(東京都渋谷区)


 カマチグループの一般社団法人巨樹の会が13施設目として開院した原宿リハビリテーション病院は303床の規模である。

 山手線エリア内の回復期リハ病床不足を一変させた。
開院から1年。都内に居並ぶ急性期大病院の退院患者の受け入れ先として、都心の医療提供体制を再構築しつつある。

詳しく見る
私のVisionと経営戦略 医療福祉最前線 特集 霞ヶ関レーダー
深眼真眼 連載 接遇レポート セミナーダイジェスト

HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム) TEL 03-6228-5995 FAX 03-6228-5996

フォームからのお問い合わせ