最新のイベント情報

過去のイベントレポート

医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

会員情報の確認

講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

保健・医療・福祉サービス研究会 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8 TEL 03-5216-4531 FAX 03-3511-7610

イベント情報

現在5件の情報があります。

2020年診療報酬改定セミナーのご案内

        
     ==============================
       2020年診療報酬改定セミナーラインアップ
     ==============================

    
 
    【2月】


     2月29日(土)大阪府 2020年診療報酬改定の詳細解説とリハビリテーションの経営戦略セミナー

     2月29日(土)大阪府 2020年診療報酬改定の詳細解説と新設・変更点数の完全算定セミナー 

     2月29日(土)東京都 2020年診療報酬改定の疑義解釈と訪問看護事業の経営戦略セミナー

    【3月】
     3月 1日(日)東京都 “中林 梓氏”の2020年診療報酬改定速報の詳細解説セミナー【講演+質疑で6時間】 

     3月 6日(金) 東京都 2020年診療報酬改定に対応するリハビリ部門のリーダーシップ実践講座 

     3月 7日(土) 東京都 2020年診療報酬改定の看護部門の対応と今後の看護戦略セミナー 

     3月 7日(土) 東京都 2020年診療報酬改定の詳細解説と急性期DPC病院の経営戦略セミナー 

     3月 8日 (日)東京都 “酒井麻由美”の2020年診療報酬改定の疑義解釈と詳細解説セミナー 

     3月14日(土)福岡県 2020年診療報酬改定の詳細解説と新設・変更点数の完全算定セミナー 

     3月15日(日)東京都 2020年診療報酬改定の詳細解説と在宅医療の経営戦略セミナー 

     3月15日(日)東京都 2020年診療報酬改定の詳細解説と新設・変更点数の完全算定セミナー 

     3月19日(木)東京都 “酒井麻由美”の2020年診療報酬改定の疑義解釈と詳細解説セミナー 

3月18日(水)【群馬県高崎市】エムダブルエス日高 デイサービス運営現地視察ツアー

株式会社エムダブルエス日高は平成9年在宅介護事業に参入。在宅介護支援(ケアプランの作成)業務を中心に、利用者の様々な実情や要求を注意深く聞き取り、利用者にもっとも相応しいサービスは何かを追及しています。また介護はご家庭だけで担うものではなく、社会全体で担うものとし、介護保険制度が目指す目標の一つを実現すべく、地域に密着した質の高い介護を医療機関との連携下でデイサービスをはじめ、訪看ステーション、居宅介護支援、ショートステイ、学童クラブなど介護保険事業の展開をしてこられました。特徴はICT化によるパーソナルベストなリハビリ・介護予防や業務の効率化で、大規模化によって選択できる保険外事業を含めた多種多様なサービスや送迎システムを実現しました。このツアーでは、日高デイトレセンター、太田デイトレセンターのICT化によるリハビリの実際を視察いただくとともに、市場競争激化の通所介護で勝ち残りをかけた経営戦略を学んでいただきます。通所介護・介護事業を経営する皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

【視察のポイント】

■ ICT化によるパーソナルベストなリハビリと介護予防の実際
■ ICT化による業務の効率化の実際
■ 自己選択型のデイトレセンターの多種多様なサービス・保険外サービスの詳細
■ 配車アプリ【福祉MOVER】による送迎システムの効率化と非通所日の差別化戦略の実際

5月12日(火)【東京都渋谷区】社会福祉法人正吉福祉会「自立支援型介護」の理論と実践視察研修ツアー

 2017年6月の首相官邸による閣議決定から始まり、2018年、2019年の閣議決定まで継続して、介護の方向性は、政府としては「要介護の軽減・重度化防止」のアウトカムを目指した「科学的裏付けに基づいた介護」をメインストリームとすることで進んでいます、特養、老健、通所介護、小規模多機能型居宅介護・定期巡回随時対応型訪問介護看護等々、何のサービスであれ、どこの施設または事業所に自身の親を、自身の配偶者にサービスを受けさせれば、入所すれば、中重度要介護状態であっても健康が回復するのか、拘縮が治るのか、認知症の症状が落ち着くのか、また二本足で歩けるようになるのか、排泄が再び自立に戻れるのか」を国民に可視化させる動きが新聞やテレビ、SNSを通して実施され始めて来ています、また「つくし世代」「Z世代」と言われる20代前半の世代は、理論なきお世話型介護に全く興味を示していないというデータ(特養で新卒が入職していない施設は全体の50%以上)も明白になってきています。今後10年20年の介護施設の人材確保競争力を兼ね備えるためには「介護職がプロフェッショナルの矜持を持てる法人・施設になること」しかありません。賛否両論の「自立支援型介護」を経営者が自分の目と耳で直接体験し、経験値とし、迅速な経営判断の一助としてくれることを期待します。定員は20名までです。お待ちしております。

【視察のポイント】

1.「 自立支援型介護」導入を経営判断するべき要因Chaceによる加算算定(プロセス評価)
2.「 自立支援型介護」導入を経営判断するべき要因⊃径憾柩僂龍チ萠
3.「 自立支援型介護」導入を経営判断するべき要因アジア健康構想との連動:外国人を送り込みたい介護施設の優先順位〜関係機関の思惑
4.「 自立支援型介護」導入を経営判断するべき要因っ腸瑤寮ぢ紊求める介護    
5. 中重度高齢者のエンパワーメント実現のノウハウ             
6. 中重度高齢者に対するアセスメントの実際    
7. 4つの基本ケア /緤ケア ∧盥圓虜導容澄´1浜棔´で知症ケア  
8. 常食化理論   
9. 自立支援型介護におけるケアプランの考え方

5月24日(日)〜5月27日(水)外国人介護人材モンゴル視察のご案内(ウランバートル3泊4日)

今日、我が国は危機的な介護人材不足を迎えております。そして今後さらに状況は悪化し深刻な事態になることは必至です。そのような中、EPA(経済連携協定)試行の成果を土台に、外国人介護人材採用を拡大するために、2017年11月には技能実習生制度に介護が追加され、我が国もようやく外国人介護人材採用の本格幕開けとなり、全国の介護施設や病院で外国人介護人材採用の気運が高まり、インドネシア、ベトナムなどアジア諸国からの受け入れが始まっています。
そして、さらに、昨年12月の入管法改正により、特定技能が本年4月に創設されました。これにより介護を含む14業種については、日本の労働市場を世界に開放することになり、我が国は、一気に外国人労働者の雇用を促進することになりました。しかし、外国人の受け入れは、そう簡単なものではありませんし、それなりにコストもかかり、アジアの人材はヨーロッパ、カナダ、オーストラリア、中東、台湾、韓国など全世界からの求人で争奪合戦となっています。
そこで、外国人介護人材採用の成功のためには、先ず、送り出し国の現地を訪れ、生活習慣、文化、宗教などに触れ、大学や専門学校などの教育機関、送出機関の教育体制等を掌握する一方で、国内における適切な受け入れ体制の整備が鍵となります。
本視察ツアーでは、朝青龍、白鵬など大横綱を輩出し、親日国であるモンゴルの送出機関、日本語学校、高齢者施設、障がい者施設、大学看護学科、医療機関を視察すると共に、日本の介護職をめざし、日夜日本語や看護介護を学んでいる学生との交流や面接を行い、直に学生の想いや日本語習得のレベルを把握していただくものです。
どうぞ、危機的といわれる介護人材問題の打開のために外国人介護人材の採用を考えられる皆様方のご参加をお待ち申し上げます。

HMS会員入会キャンペーンのご案内

     =======================    
       HMS会員入会キャンペーンのご案内
     =======================

     今年もやっております!
     令和元年12年1日(土)〜令和2年2月28日(木)の3か月間、
     毎年恒例のHMS会員入会キャンペーンを実施します。

     2020年診療報酬改定に伴い、法人様より多くの職員様をセミナーに参加させたい。
     また、年間をとおして定期的にセミナーを参加されている方、
     あるいは「Visionと戦略」を定期購読したいという方、どうぞ、この機会をお見逃しなく!

     購読会員から特典の多い個人会員へのお切替などもこの機会にお勧めいたします。

     HMS会員入会キャンペーンお申し込みPDFはこちらから

過去のシンポジウム開催レポート

▲ページのトップに戻る

セミナーを検索したい方はこちら

カテゴリーで検索 地域で検索 講師で検索

HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム) TEL 03-6228-5995 FAX 03-6228-5996

フォームからのお問い合わせ