最新のイベント情報

過去のイベントレポート

医療福祉経営情報誌

★★「Visionと戦略」最新号の紹介
★★「Visionと戦略」最新号の紹介

→拡大・目次(PDF)

最新号購入バックナンバー

HMS会員入会 特典 ! セミナー受講 講師派遣利用  医療介護経営情報の提供やセミナー・講師派遣料の割引等、特典多数!!

会員情報の確認

講師派遣案内 一流の講師陣を皆様の地域や施設に… 講演会・シンポジウム・合宿研修等、皆様のニーズにあった企画をご提案

広報支援案内 苦労の多い講演会の広報活動で集客のお手伝い

保健・医療・福祉サービス研究会 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-8-8 TEL 03-5216-4531 FAX 03-3511-7610

イベント情報

現在9件の情報があります。

1月25日(土)【HMS政策研究集会】2020年診療報酬改定内容と重点施策の徹底予測セミナー

 皆様がよくご存じのASK梓診療報酬研究所所長の中林梓氏は、我が国を代表する医療経営コンサルタントとして、病院経営者に絶大な信頼を築き、また、診療報酬研究の第一人者として、その講演活動には、定評があり、全国各地に多くのファンがいます。そこで、本HMS政策研究集会では、その中林氏を招き2020年診療報酬改定内容を徹底予測していただき、施行に向けた早期準備と対応策の構築を進めていただくものです。どうぞ、2020年診療報酬改定の克服を考える病院経営トップや経営幹部、看護部、コ・メディカルの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

1月25日(土)【HMS政策研究集会】2020年診療報酬改定と病院経営シンポジウム

 中医協による2020年診療報酬改定の審議も終盤を迎え、12月には「意見のとりまとめ」が公表され、改定の全貌が明らかになります。また、マイナス改定が叫ばれる中、薬価引き下げ財源の減少に伴い実質プラス改定となるかが、大きな焦点となります。しかし、診療報酬改定では、病院経営収支を左右するのは平均の改定率ではなく、病院機能や個々の診療行為でプラスもあれば、マイナスもあり予断を許しません。また、“先手必勝”で、いつも診療報酬改定をチャンスにし、常に業績を築いている病院もあります。そこで、本シンポジウムでは、全国を代表する病院経営者や病院経営コンサルタントの皆様を迎え、答申直前となった、2020年診療報酬改定を徹底予測し、診療報酬改定をチャンスにする病院経営戦略について、大いに討論いただきます。どうぞ、2020年新春のこの機会に、常に成長発展する病院経営に真剣に取り組まれる経営トップ、経営幹部の皆様方多数のご参加をお待ち申し上げます。

1月26日(日)【HMS政策研究集会】2020年診療報酬改定と急性期DPC病院経営セミナー

 2020年診療報酬改定は、これまでの2025年改革シナリオである地域医療構想と地域包括ケアの深化・推進が反映する改定となることは必至です。そのため、増えすぎた7:1病床の縮減(全体最適化)を目指す厚生労働省は、医療機能分化を大義名分に7:1の看護必要度などの要件厳格化で移行促進が改定目標となります。本セミナーでは、急性期病院の経営コンサルタントとして、多くの実績を誇る株式会社MMオフィス代表の工藤高氏、高度急性期病院・急性期病院の経営改革で数々の実績を築いている千葉大学医学部附属病院副病院長・病院経営管理学研究センター長の井上貴裕氏、全国の民間中小病院のコンサルティングで豊富な実績を誇る株式会社リンクアップラボ代表の酒井麻由美氏を迎え、2020年診療報酬改定の狙いとその特徴を解説するとともに急性期DPC病院への影響を予測し、今後の急性期DPC病院の経営戦略について大いに討論いただきます。どうぞ、勝ち残りをかけた急性期病院経営に取り組まれる、経営トップ、経営幹部、経営企画室、医事課、コ・メディカルの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

1月26日(日)【HMS政策研究集会】リハビリテーションの将来と病院経営シンポジウム

 我が国のリハビリテーションは、かつてリハの専門医なくセラピストも少ない時代を経過し、計画的に専門医やセラピストの養成に伴い、リハビリテーションの提供料を増やし、2000年4月に回復期リハビリテーション病棟を創設。その後、全国各地で回復期リハビリテーション病棟が整備され、世界を代表する水準にまで飛躍的な発展を遂げてまいりました。しかし、アジアの新興国においては、まだまだ未整備で緒に就いた段階にあります。そこで、本シンポジウムでは、公益社団法人日本リハビリテーション医学会理事長の久保俊一氏をお招きし、 我が国のリハビリテーションの現状と将来を展望していただくとともに、アジアの親日国であるベトナムのベトナムリハビリ学会長 ・ ハノイ医科大学リハビリテーション科長 CAO MINH CHAU(カオ ミン チャウ)氏をお迎えし、ベトナムのリハビリテーションの現状と将来を展望いただきます。また、本シンポジウムでは、目前の2020年診療報酬改定を見通していただき、リハビリテーション病院経営に携わる病院経営者や医療コンサルタントの先生方に「2020年診療報酬改定におけるリハビリ分野の影響とこれからの病院経営」をテーマに討論いただきます。どうぞ、リハビリテーション医療や病院経営に携わる皆様方多数のご参加をお待ち申し上げます。

2月22日(土)【HMS政策研究集会】2020年診療報酬改定と病院経営シンポジウム

 医療界が注目する2020年診療報酬改定は、医療部会で基本方針が示され、中医協で「意見のとりまとめ案」が公表されました。重点課題は医療従事者の負担軽減(医師等の働き方改革の推進)で、この改革が病院機能別報酬にどのように反映するのかが気になるところです。また、7:1縮減に向けた重症度、医療・看護必要度の見直しと在院日数短縮、自院の急性期病棟からの地域包括ケア病棟への転棟への規制、地域包括ケア病棟への在宅支援体制の強化、回復期リハ病棟へのアウトカム拡大、療養病床の機能強化、外来、在宅医療、訪問看護等の改革も進められる見通しです。今後は、2020年度国家予算の大臣折衝を経て改定率が公表されます。その後、改定財源を医科、歯科、薬局に配分され、さらに診療行為別報酬に配分され、1月末にパブリックコメントを経て、2月中旬前には答申が行われ、新報酬が公表されます。そこで、本シンポジウムでは、答申された2020年診療報酬改定の詳細解説から、改定が及ぼす影響について、我が国を代表する病院経営者の皆様に改定シミュレーションを通して、その影響を徹底分析いただき、改定を克服する病院経営戦略についてお話いただくものです。地域包括ケアシステム構築でさらに重要となる在宅医療、訪問看護についても、専門家に加わりいただき大いに討論いただきます。どうぞ、厳しい病院経営を“先手必勝”で克服される皆様方多数のご参加をお待ち申し上げます。

過去のシンポジウム開催レポート

▲ページのトップに戻る

セミナーを検索したい方はこちら

カテゴリーで検索 地域で検索 講師で検索

HMS 保健・医療・福祉サービス研究会 〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-22 銀座同和ビル2F(HMSセミナールーム) TEL 03-6228-5995 FAX 03-6228-5996

フォームからのお問い合わせ